【増上寺の初詣2018】混雑状況や待ち時間まとめ!屋台の出店状況は

新年が明けてから初詣に行く方も多いだろう。今回は関東近辺に多くある初詣スポットの中でも東京都港区にある「増上寺」について混雑状況や待ち時間、屋台の出店状況について紹介していく。

東京タワーの下にある増上寺は浄土宗の大本山でもあり、年間を通して参拝者が絶えない。参拝者数は年間100万人を超えるほどだ。初詣に関しても東京都内の中でも参拝者数が多い有数のスポットだ。

例年年始にかけても参拝客で行列が出来るが、敷地内が広くそこまで混雑を感じることがなく、時間帯を変えれば比較的空いている時間が多く、東京都内の初詣スポットの中でも穴場ともいえる場所だ。

今回はそんな「増上寺」の初詣時の混雑状況などについて詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

増上寺の参拝時間や混雑状況まとめ

増上寺の参拝時間は?

増上寺の参拝時間だが、12月31日から元日の17時30分にかけては終日参拝が可能だ。2日以降は6時30分から17時30分までの時間となっている。

また境内札所でお守り等を購入できる時間は上記と少し異なる。12月31日から元日の17時30分にかけては一緒だが、2日以降は9時00分から17時00時までとなっている。早朝に行ってもお守りは買えないので注意しよう。

増上寺の混雑状況は?

例年12月31日の23時頃から年が明けて1月1日の午前2時にかけて最も混雑が予想される。除夜の鐘を聞きながら二年参りをする人が多く、この時間帯が初詣の混雑のピークと言えるだろう。

また年が明けて以降はお昼の時間帯が比較的混雑しやすく、10時~14時の間でピークを迎える

混雑を回避するには、元旦であれば午前2時以降は人もまばらになり、早朝になるとスムーズに参拝することが可能。また元旦以降は出来る限りお昼を避け、早朝や午後3時以降にいけば混雑をさけることができるだろう。

しかしながら増上寺は境内が広いため、年越しの瞬間を迎える12月31日~1月1日にかけての時間帯以外はあまり混雑を感じることなく参拝できるだろう。しかしながら例年おみくじを扱っている札所が少なく、時間帯によっては行列ができる時間帯も少なくない。おみくじを購入する際は注意しよう。

増上寺へのアクセスは?

電車を利用

  • JR線・東京モノレール 浜松町駅から徒歩10分
  • 都営地下鉄三田線 御成門駅から徒歩3分、芝公園から徒歩3分
  • 都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅から徒歩5分
  • 都営地下鉄浅草線 大門駅から徒歩5分
  • 都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅から徒歩7分
  • 東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩10分

車を利用

  • 東京駅から約15分
  • 東京シティエアターミナル(箱崎)から首都高速芝公園ランプ経由15分
  • 羽田空港から首都高速芝公園ランプ経由20分

車でも行くことができるが、駐車場が少ないためあまりおすすめできない。JRや地下鉄などの公共交通施設を利用したほうがよいだろう。

おすすめは浜松町駅からのルート。浜松町駅北口から増上寺までは一直線であり、初めて参拝する人でも迷わないだろう。地下鉄であれば都営地下鉄三田線の御成門駅、芝公園駅からは徒歩3分で増上寺まで行くことができる。

増上寺の屋台情報は?

初詣期間内である12月31日~1月3日にかけては増上寺の境内に屋台も出店している。

出店の種類としては「焼きそば」や「クレープ」などお祭りで見かけるベーシックな屋台が主になるだろう。例年参拝客が参拝ついでに出店でご飯を食べたりと賑わっている。

4日以降は出店もまばらになってくるので、屋台が出店している賑やかな最中に初詣に行きたい人は出来るだけ三が日に参拝したほうがよいだろう。

まとめ

今回は「増上寺」について混雑状況や待ち時間、屋台の出店状況について紹介してきた。

増上寺は混雑が予想される都内の初詣スポットのなかでも比較的混雑が少なく、初詣スポットの中では穴場といったスポットのひとつと言われている。

近くには東京タワーもあり、参拝ついでに東京タワーまで足を運ぶ人も多い。デートスポットにもうってつけの場所だろう。どこに初詣に行こうか迷っている人にはぜひ参考にしてもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ