メリークリスマスを言うタイミングは?言う日は24日と25日どっち?

10月末のハロウィンを終えて、次に来る大きなイベントといえば12月24日、25日に迎えるクリスマスだろう。

今後はクリスマスに向けて街も続々クリスマスカラーに染まっていくだろう。

そんなクリスマス限定のあいさつになるのが「メリークリスマス」という言葉。一度は使ったことがある人が多いはず。しかしながらこのメリークリスマスは何日に言うべきものなのだろうか。24日と25日どちらに言うべきなのか。

今回はメリークリスマスを言う日やタイミングについて、またメリークリスマスの言葉の意味について紹介していく。

スポンサーリンク

メリークリスマスを言うタイミングはいつ?

メリークリスマスを言うタイミングはいつなのだろうか。

実は海外では11月末から既に使用するという。これは親しい人に向けて「Have a Merry Christmas!」など「楽しいクリスマスでありますように!」という意味で別れ際のあいさつに使われることが多い。

これはキリスト教のクリスマス期間が11月末から始まるのもある。クリスマスが一カ月にかけて行われるのが生活に浸透しているというのも大きい。

海外では11月末から使用されているが、日本ではいつ使うのが正解なのだろうか。

これは正確にクリスマスを祝う意味で使うとするならば「24日の日没~25日の日没まで」というのが正しいだろう。日本では午前0時を過ぎた時点で一日が変わるのに対して、キリスト教の母体となった地域で使われているユダヤ歴では日没を境目に一日が変わるとされている。

従って日本では24日の日没から25日の日没までが正式にメリークリスマスを言える期間といえる。

メリークリスマスの意味とは?

クリスマスで使われるあいさつ「メリークリスマス」。この言葉の意味とはなんなのだろうか。

「メリー(Merry)」は英語で「楽しい・陽気な」といった意味がある。というわけで「メリークリスマス」は「楽しいクリスマスを!」  「良いクリスマスを!」といった意味を持ったあいさつになる。

ただしこれは海外でクリスマス前に使われる意味で、日本ではクリスマス当日のみしか「メリークリスマス」を言わない傾向にある。この場合は「クリスマスおめでとう」といった意味合いで使われるのが主だろう。

海外と日本で意味合いが違っている「メリークリスマス」だが、どちらも幸せを願う言葉には変わりはない。一年に一度の大きなイベントごと。たくさんの知り合いに「メリークリスマス」を言って今年のクリスマスも楽しいクリスマスを過ごしてほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ