クリスマスプレゼントの隠し場所や実際に渡す日はいつ頃?

もうすぐ冬も本番。ハロウィンも終わり次の最大のイベント事といえば12月24日、25日に行うクリスマスになるだろう。

クリスマスの楽しみといえばなんといっても「クリスマスプレゼント」。特にお子さんを持つ方は子供へのクリスマスプレゼントを準備したりと一年の月の中でも特に大変な月になることは間違いない。

その中でも親が特に気をつけてなければいけないのは「クリスマス当日までプレゼントを子供にばれないようにする」ということだ。特に小さいお子さんであればまだサンタクロースを信じてやまない子もいる。夢を壊さないためにも事前に準備したプレゼントを当日まで見つからないようにしなければならない。

今回はクリスマスプレゼントの隠し場所について紹介。またクリスマスプレゼントは24日のイブ、25日のクリスマス当日どちらに渡すのが正解なのか、クリスマスプレゼントを渡すタイミングについて紹介する。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントの隠し場所は?

なるべく高いところが○

小学校のお子さんであればクリスマスの前に家の中を捜索して何かないか探す子もいるだろう。そうした時にもしクリスマスに渡すプレゼントが見つかったりしたら最悪だ。

そうならないように子供が万が一にでも触れられないところに隠すのが無難だろう。押入れの上など子供が手を触れられない高い場所に隠すのが効果的だ。

しかし子供も知識をつけてくるといろんなところを目を盗んだすきに捜索するようになる。そこでおすすめするのが「キッチン」だ。

子供がプレゼントがあるか探す時は当然、リビングや寝室などの押入れをメインに探すだろう。もしキッチンを探すとしても下にある棚しか見ない可能性が高い。もしキッチンの上に収納棚がある場合はプレゼントのサイズにもよるが隠せるなら見つかる可能性はぐっと低くなるだろう。

車のトランク

子供は当然プレゼントを探す時、家の中を捜索するものだがどうしても探せないのが家の外にある車の中だ。

出かける時に子供と一緒にドライブする時でしか見つかるチャンスはないし、なによりトランクに入れて鍵をかけてしまえば見つかる危険性は限りなく少ない。

自家用車を持っている方しかできない戦法だが、もし自家用車を持っている方は積極的に活用すると良いだろう。

鍵をかけれるスーツケースや金庫

車のトランクもそうだが、当然ながら鍵をかけて保管できるものがあれば安全に保管できる。

金庫など頑丈に保管できるところがあれば良いが、身近にあるスーツケースなどでも代用することができる。

スーツケースであれば大きさにもよるが、大きいゲーム機なども収納可能だし、子供が倒してしまったとしても頑丈であるため耐久性にも優れている。

旅行以外では取りだす機会もなく子供があけるようなことも少ないため隠し場所の候補のひとつして挙げられるだろう。

スポンサーリンク

プレゼントを渡すタイミングは?

クリスマスプレゼントを渡す上で意外に悩むのが渡す日にちだ。

クリスマスプレゼントは夜サンタさんがやってきて、朝起きたらプレゼントが枕元にあったというのが一般的だ。

だがサンタさんは一体いつにやってくるのだろうか。24日の夜なのだろうか。25日の早朝なのだろうか。

クリスマスプレゼントはイブの24日とクリスマス当日の25日どっちに渡すのが正しいのだろうか。

サンタは24日の日没にやってくる

サンタクロースは「クリスマス当日」にプレゼントを子供に届けるとされている。しかしながらこの「クリスマス当日」の時間の解釈が日本と海外では違う。

日本では午前0時を過ぎたときに新しい日を迎えるとされているが、ユダヤ暦およびそれを継承する教会暦では日没を持って日付が変わるとされている。

つまり「24日の日没直後から25日の日没直前まで」がクリスマスプレゼントを渡す時間となるわけだ。

これにならって子供に渡す以外で彼女や大切な人にプレゼントを渡す時は「24日の日没を迎えた夜」にプレゼントを渡すのがよいだろう。

子供が寝ている間にプレゼントを枕元に置くタイミングは24日の深夜でも25日の早朝でもOKだ。しかし深夜に置いた場合、もし子供がなんらかのタイミングで起きた場合にフライングで気付いてしまう可能性がある。親が絶対に子供よりも早く起きれる自信があるならば子供よりも先に起きて、早朝にプレゼントを仕込んだほうがばれるリスクは少ないだろう。

まとめ

今回はクリスマスプレゼントの隠し場所について紹介。またクリスマスプレゼントは24日のイブ、25日のクリスマス当日どちらに渡すのが正解なのか、クリスマスプレゼントを渡すタイミングについて紹介した。

子供にとっても大人にとってもクリスマスプレゼントは楽しみだし、何より思い出に残る大切なものになるだろう。クリスマスの形式にならって準備したりばれないようにするのは大変だが、クリスマスを大切な日にするために当日まで頑張って準備しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。