クリスマスの色(カラー)が赤と緑と白の理由と意味を解説!

今年も12月24日にクリスマスイブ、25日にクリスマスを迎える。日本の一年間の行事の中でも特に浸透していて注目度の高いイベント。今年も街がクリスマスカラー一色に染まるだろう。

さてそんなクリスマスだが、クリスマスカラーといえばすぐに思い浮かぶのが「」と「」と「白」だろう。これらのクリスマスカラーは小さい頃からクリスマスの飾り付け等でパッと頭の中に浮かんでくる人がほとんどだろう。

しかしながらそれぞれの色がなぜクリスマスで使われているのか知らない人も多いだろう。それぞれは偶然でイメージカラーになっているわけではなくちゃんとした理由がある。今回はそれぞれのクリスマスカラーの理由と意味について紹介していく。

スポンサーリンク

クリスマスカラーの意味を紹介!

クリスマスカラーの象徴である「」。サンタクロースの服装も「赤」なことからクリスマスといえば一番に思い浮かべるのも人もいるだろう。

赤色の意味はクリスマスの元々の意味「イエス・キリストの誕生を祝う」に関連している。キリストは人々が神に対して行った罪をすべてあがない、十字架にかけられ死を迎えた。

この時流したキリストの血の色。そして神への愛という意味が赤い色には込められている。

ちなみにサンタクロースの服が赤いのは「カトリック教会の祭服の色」が関係している。殉教者のための祝日には赤い司祭服を着用することになっていることから、赤色が定着したといわれている。

クリスマスツリーを連想される「」。クリスマスツリーとなるモミの木や飾りつけに使われるヒイラギは冬になっても葉が枯れず、豊かな緑色の葉を保つ常緑樹とされている。

こういった深い緑色は力強い生命力を持つと意味されており、「力強さ」や「永遠の命」を表している。

また常緑樹は「神の永遠の愛」「春の訪れ」等の意味も持ち、モミの木自体がキリストで縁起のよいものとされていることから、クリスマスツリーはモミの木が採用されている。

同じくヒイラギは常緑樹として。さらにヒイラギの葉の刺がキリストのイバラの冠を連想させることから、クリスマスの飾り付けであるリースに使われることが多いとされている。

白は雪の色を表しており、クリスマスに雪が降る現象「ホワイトクリスマス」で雪や純白のイメージが定着したことから白を連想する人も多い。

また白には純潔、雪、純粋な心といった意味を持っており、白は清らかな心や魂を表現しているとも言われている。

まとめ

今回はそれぞれのクリスマスカラーの理由と意味について紹介した。

街で見かけるクリスマスカラーもひとつひとつにちゃんと意味がある。クリスマスなだけに宗教の意味合いが強いが、意味を知っているとよりクリスマスの理解度が深まることだろう。クリスマスツリーの飾り付けやプレゼントのラッピングをする際はクリスマスカラーを意識してみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。