【クリスマス2017】仕事は休みにする?有給を取るのはあり?

日本のイベントの中で特に注目度が高いイベント「クリスマス」。老若男女注目を浴びるイベントだけあって彼氏彼女など大切な人と一緒に過ごす方も多いだろう。

そんな一年の中でも重要なイベント「クリスマス」。2017年のクリスマスだが、24日は日曜日だが、25日は月曜日。年末の忙しい時期なだけに、社会人の方は25日の月曜日は普通に仕事で出勤と言う方も多いのではないだろうか。

日本中が注目するイベントなだけに「なんで自分だけ…」と25日を休みたい方もいるはず。今回は2017年のクリスマス。仕事で休むのはOKなのか。そして有給を取得するのはOKなのか紹介していく。

スポンサーリンク

クリスマス仕事を休むのはOK?

日本中が嫌でも注目を浴びるイベント「クリスマス」。大切な人と過ごす人。一人で過ごす人もいると思うが、特別な日であることは間違いない。こんな日に仕事をしたくないと嫌々出勤する人も多いはずだ。

そんなクリスマスだが、2017年のクリスマスは微妙な日程となっている。クリスマスイブである24日は日曜日であり、25日のクリスマス本番は月曜日だ。24日に遊び尽くす人にとっては月曜日の仕事を休みたいと考える方も多いだろう。世間ではクリスマスで仕事を休む人をどう思っているのだろうか。

大半はクリスマスに有給を取るのに肯定的

マイナビニュース

マイナビウーマンのアンケートによれば、クリスマスイブ並びにクリスマス当日に仕事を休む、有給を取る行為に関しては62%の人が肯定的にとらえており、休んでもいいと捉えているという。

クリスマスだろうが有給休暇は正当な権利であり、申請さえすれば休んでいいという意見が大半。しかしながら仕事に支障がなければいいという制約付きの肯定も多いようだ。

またクリスマスに有給を取るのに否定的な意見も38%存在。仕事よりクリスマスを優先するのは社会人としてどうかという意見や、そもそも「うらやましいからやめてほしい」という若干恨みに聞こえるような意見もあったそうだ。

クリスマスに有給を取得するための準備

クリスマスイブに休みをとるための根回し9パターン

クリスマスに仕事を休みにしたい人が大半だが、クリスマスに仕事を休みにするのは気が引ける人が多いらしく、クリスマスに有給を取得するために事前に根回しをする人が多いようだ。

上記サイトによればクリスマスに有給を取得するために、他者の休日出勤を代わりに買って出る。また代わりの休みを犠牲にしてクリスマスを休みにする。数か月前に既に申請する。そもそも仕事を休むキャラを作っといて堂々と休むなどそれぞれ苦労してクリスマスに休みを申請しているようだ。

会社によってクリスマスに休みを申請することに嫌悪感を示すところはそれぞれあるようだが、基本は仕事さえ事前に済ませておけばクリスマスに休みを取っても容認してくれるところが多いように思える。クリスマスを重要なイベントに捉えている人は自身の仕事を早急に片づけてクリスマスに向けて早めに準備するようにしよう。

まとめ

今回は2017年のクリスマスに仕事で休むのはOKなのか。そして有給を取得するのはOKなのか紹介してきた。

クリスマスは年内のイベントの中で最後にくるだけではなく注目度の高い重要なイベントだ。仕事やアルバイトを休みたい人も多いだろう。世間ではクリスマスながら普通に出勤する人が多いと思うが、申請さえすれば事情をわかってくれる人も多い。クリスマスを楽しく過ごしたい方は仕事を休んでも良いのではないだろうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ