台風21号で仕事や学校が休みにならない理由や判断基準を解説!

10月22日から23日にかけて日本列島に接近する超大型の台風21号は威力を保ち、23日明け方には首都圏に接近するとみられている。

各地で土砂災害や河川の氾濫など台風による被害が相次いでいる。避難勧告が発令された地域もあるので、対象地域の方は身の安全を第一に慌てずに行動してほしい。

さて大型な台風が接近しているが、決まって起こるのが「台風で仕事が休みにならないかな」「学校休みにしてくれ!」など仕事や学校が休みになるかという希望の声だ。

しかし多くの人はそんな希望を抱きながら結局雨の中仕事や学校に向かうことになる。台風が影響で仕事や学校が休みになるケースはまれだろう。

台風によって仕事や学校が休みになる基準は何なのか。今回は台風による休校や仕事が休みになる基準と判断について紹介する。

スポンサーリンク

台風で仕事が休みになる判断基準は?

台風接近で公共交通機関に大幅な乱れがある中、どんな手段を使っても会社に出勤した経験をもつ方も多いだろう。

結局のところ台風が影響で仕事が休みになる確率は低い。どんなに愚痴をいったところで、誰もが台風の中一生懸命出勤しなければいけないのが日本の実情だ。

では台風で仕事が休みになる基準はなんなのだろうか。

これも結局は勤めている会社次第といえるだろう。

特になにも連絡もなく、台風が来てても通常通り出社するものと捉えて頑張って出社する人もいれば、事前に台風接近によって午後出勤を命じるところもある。ちなみに筆者の場合は当然前者だ。

接客業の場合はどんなに台風が接近していようが店を開けなければいけないときもある。災害による命の危機より仕事を優先になるのが日本のあまり良くないところだと思うが、現時点では頑張って出社するほかない。

会社によっては当日の朝に出勤について連絡が来る会社もある。出勤前にメールや連絡が来ているかチェックしてから出社するようにしよう。

台風で学校が休みになる基準は?

台風で学校が休みにならない理由はなんなのだろうか。

学校が台風で休校する際の基準として「大雨警報」「洪水警報」「暴風警報」の3つの警報のうちいずれかが発令されていることが条件となってくる。

また警報が発令されている場所も関わってくる。県内に警報が発令されていたとしても、遠い地域に発令されていた場合は休みにならないケースもある。

そして警報が発令されている時間帯によっても違ってくる。午前6時までに解除された場合は休みにならないなど、警報の時間帯で休みになるかならないか代わることも多い。

そして大事なのは、これらの休校が決まる基準は学校によってそれぞれ違うということだ。

同じ地域にある高校でも、1つの警報が発令されていれば休校になる学校もあれば、3つの警報が同時に発令されていないければ休みにならないなど学校によってまちまちだ。

休校が決まった際は、学校によって前日やその日の朝に連絡が来るなど対応は様々だ。台風の日は連絡が来ているか確認しよう。

ちなみに台風で休校になった際もぬかよろこびしてはいけない。台風で休校になった登校日の代わりに「夏休みが一日減る」や「放課後に一時限授業を増やす」など必ず休校になった分の授業は行う。台風によって授業がなくなることはないので注意しよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。