【衆議院選挙2017】東京6区の候補者一覧!情勢と当落予想も!

今回は衆議院選挙2017の中で「東京6区」の候補者一覧と情勢について紹介していく。

東京6区は世田谷区の北部および西部が対象となる区だ。23区内でも有数の住宅地であり、無党派層が多い区でもある。

東京6区は二期連続当選を果たしている現職で自民の越智隆雄氏と立憲民主・落合貴之氏が激しく争っている。これを希望の植松氏、諸派の中岡氏が追う格好だ。2014衆院選でも争った越智氏と落合氏だが、どちらが当選するか注目が集まる。

果たしてどの立候補者が当選を果たすのだろうか。東京6区の情勢について紹介していく。

スポンサーリンク

前回の2014衆議院選挙の結果は?

今回の候補者を紹介する前に前回の2014衆議院選挙の東京6区の結果についておさらいしていく。

得票数 名前 政党
110,872 越智隆雄 自民党
 比当 88,915 落合貴之 維新の党
51,515 岸武志 共産党

2014衆議院選挙は2012年衆院選で民主党から議席を奪還した自民・越智氏が再選を果たす結果となった。

東京6区は1996年以降比例復活の議員が6人存在しており、2014衆院選も落合氏が比例復活当選を果たしている。

2017衆議院選挙の候補者は?

名前 政党
越智隆雄 自民党
落合貴之 立憲民主党
中岡茉妃 諸派
植松恵美子 希望の党

2017衆院選・東京6区の情勢は?

計4人が立候補したが、現職である自民・越智隆雄氏が一歩リード。もしくは民進党が分裂し立憲民主党に所属した落合貴之氏と互角の見込み。それに希望の党の植松恵美子氏と諸派・中岡茉妃が追う模様だ。

現職の自民・越智氏は自民党支持基盤が盤石で安定した選挙戦を展開。一方立憲民主・落合氏は立憲民主支持層を固め、共産、社民支持層も取り囲み野党共闘票を集めている。

これに対し旧民主党参議院植松恵美子氏や諸派・中岡茉妃が懸命に追いかけているが現状越智氏と落合氏の一騎打ちの見込み。

越智氏と落合氏の争いは投開票日まで続く見通し。どちらが勝つか注目だ。

まとめ

今回は衆議院選挙2017での「東京6区」の候補者一覧と情勢について紹介してきた。

自民・越智氏と立憲民主・落合氏が対抗馬となる対決。自民・越智氏が三期連続となる当選を果たすのか、はたまた野党の立候補者が番狂わせを起こすのか。東京6区に注目だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。