【衆議院選挙2017】東京1区の候補者一覧!情勢と当落予想も!

今回は衆議院選挙2017の中でも激戦が予想される「東京1区」の候補者一覧と情勢について紹介していく。

東京1区は「新宿区、千代田区、港区」が対象となる区だ。国会や都庁を抱えており、首都決戦の象徴と言われている。

そんな東京1区だが今回は自民、希望、立憲民主の今回の衆院選を象徴するような三つ巴の戦いが予想されている。中でも自民前職の元外務政務官、山田美樹氏と立憲民主党元職の元経済産業相、海江田万里氏が接戦の様子だ。

果たしてどの立候補者が当選を果たすのだろうか。

スポンサーリンク

前回の2014衆議院選挙の結果は?

今回の候補者を紹介する前に前回の2014衆議院選挙の東京1区の結果についておさらいしていく。

得票数 名前 政党
107,015 山田美樹 自民党
89,232 海江田万里 民主党
32,830 冨田直樹 共産党
18,128 渡辺徹 次世代の党
2,209 野崎孝信 無所属
1,416 又吉光雄 諸派

2014衆議院選挙は2012年で新人ながら当選を果たした自民・山田美樹氏と、敗れた元経済産業大臣、そして当時民主党代表の海江田万里氏との一騎打ちとなった。

結果2014年でも自民・山田氏が当選。そして海江田氏は敗れた上、比例当選も果たせず議席を失う結果となった。野党第一党の党首が議席を失うことは約65年ぶりのこととなった。

2017衆議院選挙の候補者は?

名前 政党
山田美樹 自民党
海江田万里 立憲民主党
松沢香 希望の党
原口実季 諸派
犬丸光加 諸派
又吉光雄 諸派

2017衆院選・東京1区の情勢は?

計6人が立候補したが、現職である自民・山田美樹氏。それに民進党が分裂し立憲民主党に所属した海江田万里氏。それに希望の党の新人・松沢香氏の三つ巴の様相になる模様だ。

中でも現職である山田美樹氏と立憲民主の海江田氏は2012年の衆院選から合わせると3度目の対決となる。

現在の情勢としても前回・前々回と同じく山田氏と海江田氏の一騎打ちとなりそうな気配。希望の松沢氏は希望の党自体の失速や、新人候補である故、実績に欠ける点からも票数が伸び悩んでいる格好だ。

また前回2014衆院選で立候補した共産・冨田氏が今回は立候補せず、野党共闘を掲げ海江田氏支持に回っているのも大きい。共産党支持の票が海江田氏に入れば追い風になること必至だ。

現在のところ自民・山田氏、立憲民主・海江田氏が互角の情勢であり、どちらに転ぶかは投開票までわからない見通し。無党派層の票数で運命が決まりそうな気配であり緊迫した戦いとなっている。まさに激戦であり、東京1区の有権者でなくても今後の展開に注目の戦いになりそうだ。

まとめ

今回は衆議院選挙2017での「東京1区」の候補者一覧と情勢について紹介してきた。

自民・山田氏と立憲民主党・海江田氏による対決。自民・山田氏が三期連続となる当選を果たすのか、はたまた立憲民主・海江田氏が2014年の雪辱を果たし2期ぶりの当選を果たすのか。東京1区から目が離せない。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ