希望の党の政策”ユリノミクス”とは?アベノミクスとの違いや効果は?

現東京都知事の小池百合子氏が代表を務める「希望の党」は10月6日に記者会見を行い、22日に投開票を迎える衆議院選挙に向けた公約を発表した。

今回の解散総選挙の大義名分として自民党は「消費税増税」「北朝鮮等の外交問題の対応」などを挙げている。

それに対し記者会見で小池氏は希望の党の公約として「三本柱」を挙げた。それが「消費税の10%引き上げの凍結」「2030年までに原発ゼロ」「憲法9条を含めた憲法改正論議」の三つだ。

そして自民党安倍政権が唱えた経済政策”アベノミクス”にかわる経済政策として、もっときめの細かい経済政策、人々の気持ちを入れ込んだ経済政策と称して「ユリノミクス」を提唱し、12のゼロを公約に掲げると宣言しました。

その内容について既に物議が上がっており、特に「花粉症ゼロ」などの公約に関しては「果たして本当に実現可能なのか」といった実現性に疑問を持った反応も数多くある。

今回は希望の党が掲げた公約「ユリノミクス」の内容について、そして現在のアベノミクスとの違いについて紹介する。

スポンサーリンク

ユリノミクスとは?

今回の記者会見で小池氏は希望の党の公約として以下の12のゼロを掲げた

01.原発ゼロ
02.隠ぺいゼロ
03.企業団体献金ゼロ
04.待機児童ゼロ
05.受動喫煙ゼロ
06.満員電車ゼロ
07.ペット殺処分ゼロ
08.フードロスゼロ
09.ブラック企業ゼロ
10.花粉症ゼロ
11.移動困難者ゼロ
12.電柱ゼロ

原発ゼロなど公約の三本柱に掲げている内容もあれば、「花粉症ゼロ」「満員電車ゼロ」など国民の身近なものに対しての公約もある。より人々の気持ちを盛り込んだと語った小池氏の言葉通りの内容となっている。

このほかにも国民全員に生活に最低限必要なお金を給付する「ベーシックインカム」を明記。また経済政策として大企業の内部留保への課税、政府系金融機関や官民ファンドの廃止などが掲げられた。

ユリノミクスの実現性は?

これら12のゼロをユリノミクスとして掲げた希望の党だが、その実現性については疑問が上がっている。

花粉症」は現在約3000万人以上がスギ花粉症だと言われており、その数は国民の4人に1人の割合と言われている。もはや国民病と言われるほどになっており深刻な病気だ。

かねてから花粉症の問題に取り組んでいた山田太郎前参議院議員は、これらスギ花粉症の原因を50年続いている「国有林野事業」によるスギの人工林が問題だと挙げている。

国有林野事業によって元来の広葉樹の森がスギの人工林に変わったことで飛来する花粉が増加。また広葉樹の森を住みかとしていたクマやイノシシなどの人里への出現が増えたというのだ。

山田太郎前参議院議員はこうしたスギの人工林から元来の広葉樹に植え替えることを花粉症問題の解決策として提議している。今回のユリノミクスが掲げた「花粉症ゼロ」について山田太郎氏は

と持論を展開。「花粉症ゼロ」の実現方法として希望の党側は「スギなどの伐採促進や国産材の活用促進などにより、林業の再生を目指す」の発言にとどめており、詳しい実現方法は明らかにしていない。

他にも国民全員に生活する上での必要最低限のお金を支給する制度「ベーシックインカム」の導入を政策に上げているが、そもそもベーシックインカムを実施する上での財源をどこから持ってくるなど詳細については触れていない。都議選でも公約に掲げていた「満員電車ゼロ」については、時差出勤を推奨する運動「時差ビズ」を提唱するなど動きを見せているが、一定の効果があったかどうかは疑問であり、今後解消する見込みがあるかどうかも不透明のままだ。

今後ユリノミクスを実現するための方法が提示されるのかが焦点となっている。

スポンサーリンク

ユリノミクスとアベノミクスの違いは

今回希望の党が掲げた政策「ユリノミクス」。そのネーミングは安倍政権が掲げた政策「アベノミクス」をオマージュした形となっている。

この政策について与党自民党からは「あとは実現性の問題だ」「経済の再生というのは、単なるスローガンでできるものではない」と政策の実現性を疑問視する声が上がっている。

そもそも自民党が掲げる政策「アベノミクス」と希望の党の政策「ユリノミクス」の違いはなんなのか。

小池氏はユリノミクスに対して「マクロ経済にもっと人々の気持ちを盛り込んだ」と発言しており、ユリノミクスはアベノミクスと全く違うものではなく、アベノミクスにさらに民意を加えたものだと語っている。

またアベノミクスが「金融緩和と財政出動」に重点を置いた政策なのに対し、民間の活力を引き出すことに重点を置いていると小池氏は話す。

民間の活力を引き出すと語っているが具体的な案については出てきていない。またアベノミクスが行った「日銀の大規模金融緩和」は当面続けると話しており、ユリノミクス独自の具体的な経済政策については詳細が出ていない。

ともあれ希望の党は「ユリノミクス」というネーミングをつけ注目を浴びた政策だが、現時点では民間の身近な問題「花粉症ゼロ」や「満員電車ゼロ」などの問題以外は安倍政権との決定的な違いは「原発ゼロ」のみな印象だ。この「原発ゼロ」についても2030年での原発廃止計画についての詳しい詳細は明らかにしていない。今後はユリノミクス実現への細かな計画が明らかになるかが希望の党の支持率が上がるかの鍵となるだろう。

関連記事

希望の党のメンバーと公認リスト一覧!民進党からの合流は?

希望の党の政策・マニフェスト(公約)は?自民党との違いは?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ