立憲民主党の政策・マニフェスト(公約)は?民進党との違いは?

連日メディアを賑わしている「希望の党」。民進党議員が希望の党に実質合流となってから希望の党への注目は徐々に高まってきている。

そんな中、実質分裂状態にあった民進党に新たな動きがあった。民進党枝野幸男氏が新党「立憲民主党」を立ち上げたのである。

元は希望の党に全て合流できると思われていた民進党議員が、希望の党側で合流する議員を選別すると始まったのが事の発端だ。希望の党側の思想と違う議員の候補に挙がっていたのが枝野幸男氏を始めとする民進党のリベラル派議員たちだ。

民進党は今回の衆院選で「今回の衆院選で民進党は公認を出さない」「希望者は希望の党の公認を得て出馬」「それ以外は無所属で出馬」の意向を示していただけに、今回の「立憲民主党」は希望の党への合流を拒否され無所属での出馬をせざるを得なかった議員の受け皿としての役目を果たすことが予想されている。

そんな「立憲民主党」だが、党として掲げている政策・マニフェストとはどんなものなのだろうか。そもそも前身である民進党との政策の違いはなんなのだろうか。今回は立憲民主党の政策・マニフェストについて紹介する。

スポンサーリンク

立憲民主党の政策は?

立憲民主党としての政策に関してはまだ正式なリリースはないが、枝野代表は「希望の党とは理念・政策が異なる」と述べ、以下の項目を政策として挙げている。

  • 憲法改正反対
  • 2019年10月の消費税率10%への引き上げ延期
  • 原発ゼロ

特に強い口調で述べたのが「憲法改正」についてだ。

党名にある「立憲」とは「立憲主義」のことを指しており、憲法により政治権力を制限することを示している。政治の前に憲法が元にあるという考えだ。

現在の安倍政権は憲法改正に前向きな姿勢を示している。主に憲法9条に「自衛隊の明記」を加えることを公約に掲げている。今回の立憲民主党の政策は、こうした安倍政権の憲法を変えようとする動きに対して、自らの政治のためにむやみに憲法を変えることは許されないという姿勢が表れているのだろう。

また今回自民党が掲げている「消費税増税」については「2019年10月の消費税率10%への引き上げ延期」を掲げている。消費税増税については希望の党も反対の姿勢を示しているが、希望の党は消費税増税に替わる税収として「大企業の内部留保への課税」などを検討しているが、立憲民主党としての詳しい経済政策についてはまだ詳しい内容は出てきていない。

もうひとつが「原発ゼロ」。自民党は今後原子力発電を重要な電力供給源の一部と考えており、現在停止している原子力発電所の再稼働に前向きで、2030年には原子力発電の比率を全体の20~22%にしたいと考えている。

それに反対しているのが希望の党と今回の立憲民主党だ。どちらも2030年までに日本国内の原子力発電所をすべて廃炉にする方針を示している。枝野氏は前進の民進党で2030年の廃炉への工程やスケジュールについて大分まとめたと話しており、今回の政策で口だけではなく、より具体的な原発廃止に向けたスケジュールが発表されるか注目される。

現時点ではこの3つが中心として述べられている。北朝鮮についてなど外交問題に対する政策はまだ打ち出されていない。今後詳しい政策が発表され次第追記していく。

スポンサーリンク

民進党と希望の党との違いは?

今回実質民進党の分裂によって生まれた「立憲民主党」。実質前進である民進党との違いはなんなのだろうか。

結論から言うと「それほど変わっていない」。結局は民進党内で思想が違っていた議員たちが「希望の党」「立憲民主党」の二手に分かれただけだ。

実質上記の政策については民進党時代の政策を元に述べており、枝野氏は「積み重ねてきた「民進党」の理念と政策は、自信を持っている。これを国民のみなさんに訴えるということで総選挙をたたかわせていただく。」と答えている。立憲民主党はほぼ前進の民進党と同じとみていいだろう。

では希望の党と思想が違うと上記で述べたが、具体的に希望の党とは何が違うのだろうか。それは「憲法改正」と「安全保障法制」についての姿勢の違いだ。

原発ゼロや消費税増税の凍結については一緒だが、憲法改正については立憲民主党が断固反対の姿勢を示しているのに対し、希望の党は「賛成」の姿勢をとっている。また「安全保障法制」についても同様だ。立憲民主党は反対なのに対し、希望の党は賛成の姿勢を示している。

民進党議員が希望の党に合流した時にサインする「政策協定書」に上記二つの事柄についても記載されてたことから、希望の党側は民進党議員が合流する際に上記二つを重点的に見ていたと考えられる。

今後の選挙戦では立憲民主党が擁立する選挙区に、希望の党も対抗馬を立てると報じられている。「憲法改正」と「安全保障法制」の思想の違いで各自選挙戦が白熱するだろう。希望の党か立憲民主党どちらが有利に立つかも注目だ。

関連記事

立憲民主党のメンバーと公認候補一覧!リベラル派議員が多い?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ