愛知県で地震雲発生理由はなぜ?特徴と種類や危険な地域と確率!

愛知県で地震雲らしきものが発生。その理由はなぜなのか。また、地震雲の特徴と種類、危険な地域と地震発生の確率について紹介していく。

地震雲については、疑似科学やオカルトである、というのが地震学者たちの間では通説のようだ。地震発生の過程において、特徴的な雲が発生する可能性も因果関係も今のところ明らかになっていない。科学的な根拠について説明する研究もあまり多くないようだ。

普段空を見ることが少ないため、地震の時の雲が異常に見えてそれが印象に残る、カラーバス効果(興味のあるものや目を引くものは覚えやすい、時計をパッと見るとぞろ目のことが多かったり、覚えたばかりの単語を街でよく目にしたりするような現象のこと)である、というようなことがまことしやかにささやかれている。

しかし、地震予知の分野はまだまだ未知のことが多すぎる。もしかしたら地震との因果関係が解明されて空模様が重大な地震予知の手掛かりになる、という可能性も十分に残されている。

事実、筆者が東日本大震災を被災した際に、ものすごく大きな揺れと同時にその時期の福島の中通りにしてはとても珍しい大雪が降ってきたことを強く記憶している。これもまたカラーバス効果の可能性ももちろんあるが、気候と地震には何らかの因果関係があるように思えてならない。

そこで、近年起こった地震の際に実際に目撃された雲について、共通点は見られないか調べてみた。

スポンサーリンク

地震雲発生の理由

これについて気になっている方も多いかもしれないが、「地震雲」というのは「地震の前によく目撃されている雲」だ。

飛行機雲の変種だったり、通常のうろこ雲だったり、同じような雲は毎日出ていているが、よほどに印象の強い空しか私たちはあまり覚えていないだろう。地震雲が発生したというよりは、気象現象の一環で地震雲と言われている雲が現れているという表現のほうが正しいだろう。

いまのところ科学的な地震雲と地震との相関関係は証明されていないため、地震雲が発生した理由、というのは断言できない。

ただ、今日10/30の愛知県の空は少し変わった雲があることは事実だ。

 

地震雲の特徴と種類

大地震の際に目撃情報のある代表的なものだけ紹介していく。

 

帯状形地震雲

最もよく目撃される地震雲。その名の通り帯状にスーッと横に伸びている雲が帯状地震雲だ。熊本地震、東日本大震災の時に目撃されている。

雲の長さが長く、太いほど地震の揺れが大きいといわれている。

taizyougata

 

肋骨状形地震雲

あばら骨のような形状の地震雲。秋の雨の日に見かけるものと区別が難しい。

地震の直前(2~24時間前)に現れると言われている雲だ。見かけたら注意をしたほうがいいかもしれない。

%e8%82%8b%e9%aa%a8%e7%8a%b6%e5%9e%8b%e5%9c%b0%e9%9c%87%e9%9b%b2

 

断層型地震雲

空と雲がはっきりと分かれている。雨雲や、雨上がりの空に似ているため見間違えやすいが、かなり不穏な感じが漂う雲だ。北海道釧路地震の際に目撃されたという情報もある。

%e6%96%ad%e5%b1%a4%e5%9e%8b%e5%9c%b0%e9%9c%87%e9%9b%b2

 

波紋型地震雲

新潟中越地震の際に目撃された地震雲。円の中心点が震源地となる可能性が高い、と言われているが、新潟中越地震の際はそうではなかったようだ。色と境目がくっきりしていると大きな地震が発生する、と言われている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

竜巻型地震雲

この雲が発生した1週間以内に地震が発生するといわれている地震雲。

飛行機雲によく似た形をしているが、この雲は形状が変化しにくい。地面に対して垂直に近いほど大きな地震が来るといわれている。

%e7%ab%9c%e5%b7%bb%e7%8a%b6%e5%9c%b0%e9%9c%87%e9%9b%b2

スポンサーリンク

大地震の際に実際に目撃された地震雲

東日本大震災の際に見られた地震雲?

断層型地震雲と帯状地震雲が目撃されている。

 

熊本地震の際に見られた地震雲?

熊本地震の前に現地で目撃された雲はこのようなものだった。帯状地震雲、肋骨状形地震雲、断層型地震雲が確認されている。

鳥取中部地震の際に見られた地震雲?

鳥取中部地震の際に地震雲と騒がれていたのは、肋骨型地震雲、波紋型地震雲、帯状地震雲であった。複数の目撃証言があり、この際に目撃された波紋状地震雲は震源地のほうに向かって伸びていたようだ。

 

今回愛知で目撃された地震雲

今回話題になっているのは、愛知県三河付近で目撃された地震雲だ。

竜巻形、稲穂形の確認がされている。また、ツイート主によるとこの地震雲が目撃されると2日以内に地震が起こる可能性がある、とのことだ。

 

実際に地震が起こる可能性とその地域

もし実際に地震が起こるとすると、危険な地域はどこだろう。南海トラフやその他の地震が愛知県のどのあたりに影響を及ぼすか、についてはこちらにまとめた。

実際に地震が起こる確率については断言することは不可能だが、これまでの傾向から推察すると大地震の前に目撃されている地震雲は

  • 帯状地震雲
  • 肋骨状形地震雲

が多い。今回の愛知県ではそのどちらも目撃されていないため、大地震の可能性は低いのかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ