三重県の南海トラフ沖大地震被害想定!危険地域と震度や津波対策

今回は、三重県の南海トラフ沖大地震被害想定として、安全・危険地域と震度や津波対策について見ていく。

南海トラフ沖大地震が発生すると震源に近い地域の被害が大きくなるのは言うまでも無い。ただ、内閣府や三重県が発表しているように、人的被害については”呼びかけ”によって軽減する事が出来る。

つまり、日ごろから南海トラフ大地震に対する危機感をはじめとして、対策などを意識しておくことで”早期避難”が可能になる=被害が少なくなる可能性が高い…と発表しているわけだ。

それではまず、南海トラフ沖大地震が発生した時に予想されている被害について見ていこう。

スポンサーリンク

三重県の南海トラフ沖大地震の被害想定

他県の想定でもお伝えしているように、内閣府が発表している内容をはじめとして、その件が想定している内容を元にまとめていく。

今回は、三重県が想定したデータを参照しつつ記載していく。

※大地震が発生して一番被害が出るのは「冬」そして「深夜帯」とされている。そのため、以下のデータもその条件となっている。

また、地震規模の基準は「過去最大クラス」となっている。各県では、過去の地震のデータを参照して基準としている物と、理論上最大クラスの地震の規模を基準にしている物が存在しているが、ほとんどの件が前者をベースとして対策を練っているため、ここでも「過去最大クラス」を基準として記載する。

人的被害

三重県が出しているデータを見ると「人的被害」についても想定されている。

まずは”早期避難率”が低い場合のデータ。つまり一番最悪のケースの場合だ。

 

地域 被害想定(人)
伊勢志摩 15000
東紀州 14000
中勢 3200
北勢 1400
計 約34000人

現状のまま南海トラフ沖大地震が発生すると、三重県の人的被害は約34000人にまで登るとされている。

ではその人的被害の原因は何なのか。

様々な要因はあるが、なんといっても「津波」による被害が著しい。

全体の94%が津波による「逃げ遅れ・自力脱出困難」が原因となっている。

家屋倒壊による被害も大きいが、津波に比べるとかなり少なく感じる。

これは重傷者・軽傷者を合わせた数ではない。「現状のまま発生した場合、犠牲になる人間は大よそこのくらいになる」という直接的な想定だ。

震度について

震度についてだが、想定されている震度は7を超える地域も存在している。理論上最大クラスの場合は、ほとんどの地域が震度7となっている。

以下に南海トラフ沖大地震で震度7以上が想定されている地域を記載する。

地域 震度
志摩市 7
南伊勢町 7
熊野市 7
御浜町 7

このほかの地域は震度6弱から6強となっている。

どちらにしても地震発生の際には家屋倒壊や火事になる可能性が非常に高いので十分に注意が必要だが、何よりも逃げ遅れないようにしなければならない。

スポンサーリンク

津波が想定される地域

津波による被害は前述したように相当大きなものになると想定されている。

県でも特に注意を呼び掛けているのが、「志摩市」と「伊勢市」だ。志摩市に関しては、津波の高さはもちろん、浸水深が非常に高いので、日頃から地震が発生した際の津波警報には注意したいところだ。

志摩市

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-254

出展:三重県公式

志摩市についてだが、志摩パークゴルフ場周辺をはじめとして、阿児の松原海水浴場。そして国道61号・514号周辺まで浸水してくると見られている。海沿いはかなり深刻な状況になる。

高さは約5m~10mだ。具体的に言うと、二階建ての家が丸ごと浸水する規模だ。ビルの3階に到達する可能性も高い。

伊勢市

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-255

出展:三重県公式

伊勢市は志摩に比べると高さは抑えられているが、2m~5mは浸水すると想定されている。

対策について

現状では、南海トラフによる人的被害は3万人以上に上ると言われているが、これは冒頭でもお伝えした通りこのまま対策をしなかった場合だ。

では逆に早期避難率が高かった場合にはどうなるのか?

こちらに関しても想定されているが、実際にスムーズに行くとは思えない上、予想外のトラブルなどもあるだろう。

早期避難率が高かった場合の人的被害の想定は以下になる。

地域 被害想定(人)
東紀州 7300
伊勢志摩 5700
中勢 400
北勢 400
計 約14000人

 

そして、地震が発生した直後に間髪入れずにすぐに避難した場合はどうなるのかも気になるところだ。

かなり難しい状況ではあると思うが、実際に想定もされている。

地域 被害想定(人)
東紀州 2500
伊勢志摩 3300
中勢 400
北勢 400
計 約6600人

一番理想的な形でも6000人以上になることを考えると、やはり南海トラフ沖大地震の規模がいかに凄まじい物なのかが伺える。

では内閣府および各県が言う”対策”とは具体的に何なのだろうか。

  • 常日頃から地震に対するアンテナを張る
  • 地震が発生した時に逃げられる準備を日頃からしておく
  • 避難経路の確認
  • 各自治体による訓練

もし、地震が発生した場合は、どこに逃げるのが良いのかを事前に知っておくことが重要だ。

こういった物があげられるのだとは思うが、それだけで被害が一気に減るとは到底思えない。

地震が発生してから海沿いに津波が押し寄せるのは1分から10分の間だ。昼間ならまだしも運悪く深夜に発生した場合は、地震を察知して瞬時に準備を整えて逃げるなんてことが出来るのだろうか。

確かにそういった事は大切だが、そもそも海沿いに住んでいる方はもし余裕があるのであれば、津波が到達する地域から少し遠方に移住しておくと言うのも対策の1つだろう。

関連記事

奈良県の南海トラフ大地震の被害想定!前兆と予言や過去の震災! 南海トラフの神奈川の津波被害予想と予言や過去の地震!横浜は? 大阪の過去の地震や予言?南海トラフの被害予想と津波到達地域 南海トラフ地震の兵庫の津波被害想定!北部・南東部の震度や予言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。