クリスマスに江の島・ディズニーに行くと別れる?都市伝説と理由

クリスマスに江の島やディズニーに行くと別れる?といった都市伝説とそれが生まれた理由、ほかの曰くつきの場所も紹介していく。

 

クリスマスに行くと別れる、ここに行くと別れる、という都市伝説は数多くある。日本で代表的なのは江の島とディズニーランドだろう。

まあどちらも平時でも行くと別れるという都市伝説は流布しているわけだが。なぜそんな都市伝説が生まれたのだろうか。

 

クリスマスディズニーに行くと別れる理由

こんな話をしておきながらなんだが、筆者は別にこの都市伝説を信じているわけではない。というか都市伝説全般、なにかしらの理由のあるものだと思っている、

この都市伝説が生まれたわけには2つの要因がある。どちらも有名な話だが

  • 初デートでディズニーに行くと別れる
  • クリスマスは別れやすい

この二つが単純に合わさっただけだと思うのだ。語りつくされているトピックだがそれぞれ考えていきたいと思う。

初デートでディズニーに行くと別れる理由

これについては単に話題力不足だ。待ち時間が長すぎて話題が尽きてこの人以外につまんないなー、とか、歩き疲れて体が疲れているせいなのにそのダルさを相手の面白く無さのせいと無意識に勘違いをしてしまったり。

また、疲れているだけなのに、その表情を読み違えて、「あ、自分つまんない話ばっかりしてる。どうしよう。」

と焦った末にさらにつまらない話をしてしまうという半永久的な負のループによるものが大きい。その勘違いを埋めるだけのフォロースキルや相手への思いやり、話題力やエスコート力があれば初デートでディズニーランドに行っても別れる可能性は低いと思う。

というか、安易に初デートでディズニーランドを選んでしまっている時点でそんな能力をもった相手は期待できない。しょうもない男or女だ。

まずは近場のランチで様子をみましょうよ。。

スポンサーリンク

クリスマスにカップルが別れやすい理由

クリスマスだから、クリスマスだけは!!と思って普段は忙しくても予定を空けていた男性がいたとしよう。いろいろ段取りをして、久しぶりに会った彼女と自分が考える最高のデートをしたとしよう。

女性側は、ふだんあまり連絡もよこさずに何をしてるかわからない。優しくされている間は本当に幸せだけど、クリスマスデートが終わってからの別れ際がいつもの倍以上寂しい。

こんな時ばっかり優しくされても付き合っている意味が見えなくなってくる。とか思っているとしよう。

 

 

何をしても無駄だ。その状況。女性側はもう心が決まっていて、クリスマスを一区切りにして別れよう、となんとなく思っているのだ。

 

あんなに楽しかったのに、あんなに楽しませたのに、なんで別れたんだ????クリスマスのせいだ!!!!!と思う男性が多いのもうなずける話ではないだろか。

 

少し非難を浴びる意見かもしれないが、別れる気でいるが高価なプレゼントを回収してからにしよう、という欲目がある可能性もあるかもしれない。日本のクリスマスはどす黒い。

 

 

異常を踏まえて、ディズニーデート後別れる説とクリスマス別れやすい説を足してみよう。

 

クリスマスディズニーで別れる理由まとめ篇

そもそも、行く人が多い

クリスマスにカラオケ館に行くカップルのほうが個人的には別れる確率は高いのではないかと思っている。

ディズニーランドのせいにしている

別れた理由をクリスマスディズニーのせいにしている説だ。アトラクションの目の回るような待ち時間の長さも、スクランブル交差点並みの人口密度も、周囲の喧嘩しているカップルも、近くには全くないラブホテルの空室も、空室が無さ過ぎて結構歩いて見つけたラブホテルがなんか小汚くて安っぽいピンクの内装だったとしても、その挙句生理が来ていたとしても、別に楽しめるカップルならそのどうしようもなさを笑い飛ばすことが出来る。

全ては楽しめなかった、楽しませることが出来なかった、ちゃんと予定を組んでいなかったのが原因なのにそのジンクスのせいにしているという節があるだろう。体のいい言い訳の手段として夢の国が犠牲になっているのだ。悲しい。

実はどちらかがディズニーランドがあまり好きではない

突然だがあなたは『ディズニーランドが嫌い』と人に思いっきり言えるだろうか。20半ばを超えてしまえば「若くない」というような文言でごまかせるかもしれないが、キラキラした目をした恋人に「ディズニーランド行きたい!!!」と言われて「いやディズニーランド嫌いだから行かない」と答えられるだろうか。

きっと純粋にディズニーランドが好きな人からすると、「根暗」「人でなし」「夢のない人」「ノリ悪い」「つまんない」「かわいげのない女」「とか言ってかっこつけてんの?」「そういうのが言いたいお年頃」「汚い大人」「守銭奴」「効率厨」「しね」などという印象を持たれる。学生時代が終わって長い人であればまあディズニーランド嫌いと公言できるかもしれないが、そのころの刷り込みによってディズニー嫌い発言をすることにかなりの抵抗がある人もいるだろう。そうして、ディズニーがあまり好きではないことを公言できないままにディズニーランドに行って、そっちサイドからするとしょうもないデートを大混雑の中行う。そりゃ、つまんないわ。

ちなみに、筆者はディズニーランドが大好きだ。保身ではない。

スポンサーリンク

江の島に行くと別れる理由

弁財天がやきもちを焼くらしい。正直よくわからない。そんな器の小ささで神を名乗るな、と思ってしまう。

ちなみに、五頭龍大神という弁財天の旦那にあたる神が祭られている龍口明神社に先にお参りをすることで、このジンクスはなくなるらしい。

正直よくわからないし、あまり江の島にいって別れた人も筆者の周りにはいない。なんだろう、最後にきれいなとこに行きたいね、行ったからお別れだね、くらいの話なのではないだろうか。

 

クリスマス江の島、ディズニーデートで別れる確率

実際どのぐらいの人数、江の島やディズニーランドにクリスマスに行ったことで別れているのだろうか。twitterで調査してみた。

江の島 別れた で検索した結果、数件のツイートが見つかった。

ここから8件過去にさかのぼると2013年のツイートになったため、およそ3年で8件。

そういうことをつぶやくカップルは鍵アカウントの可能性もあるが、まあ大した数ではないようだ。弁財天が風評被害をくらっているだけらしい。

 

クリスマスディズニーに関しては、ディズニーランドのあとのデートプランと、二人の関係性を見直せば解決するだろう。都市伝説は、都市伝説だった。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ