ゆるキャラグランプリ2016の投票はいつまで?組織票や優勝は?

今回は、ゆるキャラグランプリ2016の投票はいつまでか、といった話や組織票などの黒い噂、優勝候補などをこれまでの傾向から探っていきたいと思う。

 

毎年開催されているゆるキャラグランプリ。今もなお活躍を続けているゆるキャラ界のカリスマ、くまモンが2011年に優勝した大会である。ちなみに2011年から2016初頭までのくまモン関連商品売上高の累計額はおよそ2419億円。小国の国家予算並みの数字である。

そんな数字を見せられては大人が本気にならないわけがない。広告代理店の息がかかりまくった自治体やグループ会社提供のキャラクターなどがしのぎを削り、殺伐とした戦いが繰り広げられている最中なのだ。

なんと今回エントリーされているゆるキャラの数は1421キャラクターである。

 

一昨日、ゲーム『刀剣乱舞』より株式会社ニトロプラスの『こんのすけ』と、りそな銀行のゆるキャラ、『りそにゃ』が一騎打ちを繰り広げ、企業部門暫定一位争いが行われたのは記憶に新しい。

しかし、前キャラ混合ランキングではその2キャラでも力が及ばない。現在は埼玉の『はにぽん』、岡山の『チュッピー』の一騎打ちとなっている。両者とも票数は800万越え。

どうやら思っていた以上に熾烈で大規模な戦いのようだ。

 

優勝者以外なら何度でもエントリーできるシステムのため、もう顔なじみになったキャラクターもいる方もいるかもしれない。複数回のリベンジ参加の末優勝を勝ち取ったキャラクターもいる。

むしろ、第一回開催のくまもんを除いて、今までの優勝キャラクターは複数回エントリーを繰り返し段々知名度と順位を上げ、優勝を勝ち取っている。

 

もし推しキャラが参加しているのであれば、公式サイトにて簡単に投票が出来るので是非参加をおすすめする。一日一度投票が出来るので、だんだん動いていく数字をみるのはけっこうたのしい。筆者も結果をワクワクしながら待っている。

スポンサーリンク

投票終了はいつ??

投票終了は2016/10/24(月) 18:00までとなっている。

その後、2016/11/5(土)-11/6(日)に、愛媛にて決選投票が行われる。上位のキャラクターだけがこの決戦に出場できる。

 

なお、昨年はこの決戦投票の際に組織票が問題視された。

 

ゆるキャラグランプリ2015組織票問題

2015年のゆるキャラグランプリでは、浜松市のマスコットキャラクター『出世大名家康くん』の組織票問題が話題になった。

  • 開催地が家康くんの生まれた浜松だったこと
  • 正直、会場で大差をつけることが出来るほどのかわいさはないこと

の二点により組織票の噂が持ち上がった。

 

しかし組織票というには少し酷な状況だ。浜松の方の気持ちを一度想像してほしい。

  • ゆるキャラの日本一を決める大規模な大会が、地元浜松で開催される
  • その大会にはその浜松出身の『家康くん』が出場する
  • 優勝した際の経済効果で、地域が盛り上がるかもしれない

という状況なのだ。多少ひいき目になって家康くんを応援してしまうのは自然なことではないだろうか。

 

さらに言えば、インターネット上の投票でほとんど勝敗は決定している。現状1位の『はにぽん』はすでに800万票を獲得しているのだ。すこし会場で票が組織的に動いたからと言ってその人気が消えるわけではない。それに加えて、どのキャラクターの後ろについている団体も、組織的な票は確実に入れている。優勝すれば町おこしや大幅な企業のPRになるのだから。

 

そう考えると、ゆるキャラグランプリは『その見た目のわりにドロドロした背景』というのも含めて楽しむのが一番面白いのではないかと個人的にはおもっている。裏側はぜんぜんゆるくない大人の本気のバトルなのだ。

 

優勝候補は??

先ほども少し触れたが、優勝を勝ち取るためには徐々に順位を上げていく必要があるようだ。前の大会で印象を残し、徐々に票を集めて知名度を上げていき、三度目の参加での優勝を狙う、というパターンが、過去の記録を見ると浮かび上がってくる。

 

2011 2012 2013 2014 2015
くまモン 優勝
バリィさん 2位 優勝↑
さのまる 20位 4位↑ 優勝↑
ぐんまちゃん 18位 3位↑ 3位→ 優勝↑
出世大名家康くん 37位 7位↑ 2位↑ 不参加 優勝↑

この表を見ると一目瞭然だ。家康君の2014年の例を除くと、全員のキャラクターが、前回大会の成績をキープ、もしくは順位を上げ、優勝の前年にベスト5に入っているということが分かる。

過去の傾向から予測すると、ゆるキャラグランプリ2016で優勝する確率の高いキャラクターは

  1. ゆるキャラグランプリ2015において5位周辺にいる
  2. ゆるキャラグランプリ2014において約20位周辺にいる
  3. 過去の大会をさかのぼると、じわじわと順位を上げてきていることがわかる

の三つの条件を満たしているキャラクターの可能性が高いだろう。

その条件を満たしているのは

  • みきゃん 11位→3位→2位
  • しんじょう君 14位→4位→4位
  • とち介 8位→6位

の3キャラクターだ。みきゃんは今大会は欠場。去年の家康君組織票問題もあり、みきゃんのホームグラウンドである愛媛県での開催ということでイメージ戦略として慎重になっているのだろう。

今のところ5位周辺に甘んじているが、しんじょう君ととち介の一騎打ちになるのではないかと予想している。とち介は戦歴が少ないためわかりにくいが、しんじょう君は間違いなく優勝候補だ。

 

ふっかちゃんは過去三大会すべて上位につけているが順位が上下している。無冠の帝王と言っていいかもしれない。

はにぽんは148位→67位→7位と急浮上を見せているし、正直なところまだ優勝は予想できない。

 

 

また新しく法則性が見つかったり、大幅な順位の変動があったら更新していく。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ