阿蘇山の噴火の予言は当たる?被害予想や発生はいつ頃か

今回は、阿蘇山の噴火の予言は当たるのか…といった内容を初めとして被害予想や発生はいつ頃かについて書いていきたいと思う。

2016年10月8日(土)午前1時46分、熊本県は阿蘇山、中岳にて大規模な爆発噴火があった。この規模の噴火は実に36年ぶりとのこと。

このような大規模自然災害があると必ず上がってくる話題が「予言」である。いささかナンセンスだと思われる方も多いと思うが、はっとするほど正確に予言を言い当てているものも少なくない。

 

東日本大震災の際に「松原照子」さんの予言など、津波のおおよその高さや被害が出る地域、原発事故の関係性を言い当てるだけでなく、陸前高田という地名すら言い当てているのだ。『やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。『陸前高田」と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。』というフレーズを残している。

彼女の職業は経営コンサルタントということで、東北地方で地震が起こった際の津波被害予測などを綿密に調査した上での発言である可能性もあるが、予測が難しい災害の一つである地震という災害に対して一個人がこれほどまでに被害を予測できるということも不可解な話である。

このように、予言がものすごく的確に被害状況を言い当てることもあるのだ。

 

本題に戻ろう。それでは、今回の阿蘇山の噴火について何か予言じみたものは残されていたのだろうか。またあるとしたらこれからの被害についても何か予言されていることはあるのだろうか。噴火のタイミングを予言していたものと、今後の被害についてのものを調査してまとめてみた。

スポンサーリンク

阿蘇山の噴火の予言まとめ

松原照子さんの予言

件の松原照子さんも予言に近いことを言っていた。2016/04/07に、「少し気になり始めた揺れ」というタイトルでの投稿で

『4月になると少し気になり始めたのが”揺れ”です。』というものがあった。ふわっとした表現ではあるが、熊本地震に関するものととらえてよいだろう。

その次に、『地図を触ると九州の火山は今日も元気でした』という記述がある。阿蘇山の名前も出ていた。しかしこれに関しては、ショットガンニング(それっぽい言葉をばらまいて当たったものがあるように見せかける技術)のように見える。これで予言が的中したというのは少々無理のあるもののように見える。東日本大震災の時のような切れ味は見られない。

 

山梨のじいちゃんの予言

2chで話題を集めた山梨のじいちゃん。東日本大震災絡まりの様々な予言を言い当てている。

  • 2011年、九州で火山が噴火する:新燃岳の噴火
  • 2011年年末か来年、大規模な放射能事故が起きて大騒ぎになる:東日本大震災
  • 2015年宇宙ステーションから何か大きなものが宇宙から落ちてくる:宇宙ゴミ「WTF1190F」インドに落下、ロシア「プログレスM-27」の落下、また、ロシアで隕石騒ぎがしきりにあったのもこの年だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。