成田花火大会2019が台風19号で中止(延期)に-代替日はいつ?

2019年10月13日に開催予定の成田花火大会ですが、今回は台風19号の東日本上陸と被っているため延期となりました。

令和元年10月の花火大会ではよぎなく中止にする地域も見られますが、成田花火大会に至っては幸いにも「中止」かつ「別日に開催できるか検討中」という形で公式がアナウンスしています。

ただ、別日に開催するといっても、日程によっては参加できないという方もいらっしゃるかと思います。そこで、今回は次に開催される日程(代替日)をはじめ、仮に延期ではなく中止になってしまった場合すでに購入したチケットの代金はどうなるのか…といった部分についても調べてみました。

スポンサーリンク

成田花火大会2019が台風19号で中止に

上述した通り、10月13日(日)の開催自体は完全に中止です。

また、延期として主催者側が動いて下さっているようなのですが、公式サイトには現時点で「中止のお知らせ」と「別日に開催できるか調整中」以外は具体的な内容が記載されておりません。

仮に別日の開催も難しくなった場合は、改めて「2019年の開催は中止」という形で公式サイトにアップされるかと思います。

代替日が公開され次第、当サイトでも随時更新致しますが、詳細をご覧になりたい方はNARITA花火大会公式サイトをご確認ください。

中止の場合チケット代・協賛金の返金は可能?

成田花火大会に関しては、例年通り「荒天により大会中止となった場合も返金等は一切行いません」とチケット購入時ならびに協賛金申し込み時の確認画面に明記されています。入金後はキャンセルも行えません。

そのため、今回の台風19号が原因で開催中止になってもチケット代金等は返金されません。

今は別日に開催してくれることを祈るしかありませんね。。。

チケットは捨てないよう注意

先ほど「中止になった場合は代金は返金されない」とお伝えしましたが、現時点ではまだ延期となり別日程で開催される可能性が残っているため、チケットは捨てないよう注意してください。

別日に開催される際も、当日の会場入り口にてチケットとリストバンドを交換するシステムです。今のところ例年と同じく当日のチケット販売は無く、仮に10月13日分のチケットを購入していたとしても入り口でチケットを渡さないと会場に入る事が出来ません。

まとめ

10月13日の代替日 現時点では未定
※開催側は日程調整を行っている段階
チケット代の返金 開催が完全に中止になったとしても返金されない。
延期になった場合 既に購入したチケットを会場入り口でリストバンドと交換する。
※チケットを破棄しないよう注意

繰り返しになりますが、現段階では10月13日の代わりに開催される日程はまだ決まっていません。

公式によるお知らせが更新され次第、詳細情報を追って記載しますので、ひとまずは入場チケットを無くさないように保管しておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。