築地市場跡地は今後いつ再利用に?再開発でスタジアムやカジノか

今回は、築地市場跡地は今後いつ再利用されるのかを初めとして、スタジアムやカジノになる可能性についても考察していきたいと思う。

豊洲の土壌問題が話題になっているが、本当にグダグダでどうなってしまうのか心配だ。

築地市場の移転問題の根本的な原因は

  • 衛生管理が厳しい
  • 老朽化により危険が及ぶ可能性が高い

といった物だ。

築地市場がどうして移転してしまうのか理由については築地市場移転が必要な2つの理由をご覧になって欲しい。

さて、最終的には築地から豊洲へ移転する予定にはなっているが、現在の築地市場。つまり未来の築地市場跡地は何に利用されるのか、どうなってしまうのかについて触れていこう。

スポンサーリンク

築地市場跡地はどうなる?

今のところ再開発で噂されているものは以下の通りだ。

  • スタジアム
  • マンション
  • ショッピングモール
  • カジノ

この情報に関しては大手不動産会社の幹部がこの計画について明かしたという。

ではそれぞれ見ていこう。

スタジアム

このスタジアムという案に関しては、市民からすればかなり良い内容ではないだろうか。

不動産会社幹部によると、計画のなかには「サッカー場」や「野球場」などの施設が作られると計画されているようだ。

築地の広大な面積を考えればこういったスタジアムという計画はかなり現実味帯びているといっていいだろう。

もしこういったスポーツ施設ができれば、中学校や高校などの各スポーツの大会などで使えることはもちろん、 何かしらのイベントにも使える可能性は十分にあるだろう。

個人的にこの案には賛成だ。

ショッピングモール

ショッピングモールに関してだが、これも不動産会社幹部らが話していた内容に含まれていた。

前述したスタジアムのような施設とこのショッピングモール併設することによって人々が心から楽しめる空間にしようという意図が感じられる。
スタジアムの使い方に関してだが、一般利用者が使える施設なのか、もしくはプロのみが基本的に利用する施設のかによって人の集まり方は変わってくるだろう。

しかし、どちらにしてもその場所にショッピングモールがあるだけで様々なお客が来るため、成功すれば両面で集客が見込めると考えて良いだろう。

こちらの案に関しても上記と同じく筆者は賛成だ。

マンション

マンションについてだが、これに関しては不動産会社幹部が明かした内容には含まれていない。

つまり、噂に過ぎないと言っていいだろう。

これについては正直そこまで可能性としては高くないのではないだろうか。

非常に広大な土地ということでマンション以外にも十分な利用価値はあるだろう。

どちらかといえば少しもったいない使い方な気がする。

カジノ

これに関しては、噂にに過ぎないないようだ。

築地市場跡地の再計画に関して、現状では正確な案が決まっているわけではない。

そのため、最終的にどうなるかまだ予測はできないが、こういった歴史があった場所にこういったろくでもない施設を建設することは無いだろう。

市民からの反発も多いだろうし、何より一過性に過ぎない存在のためにこれまでの思い出を汚すようなことはあってはならないことだろう。

スポンサーリンク

再開発スタートはいつ頃?

現状では、こういった施設の開発に関する予定はパラリンピックが終了した後にスタートすると言われている。

豊洲市場の問題がまだ解決していないため、跡地に関してもいろいろと時期がずれる可能性もありえなくはないだろう。

パラリンピック後というと9月18日以降ということになる。ただ、 実際に9月内に計画が開始されるかどうかは怪しいところではある。

80年という長い歴史がある築地市場がなくなってしまうのは非常に悲しいことだが、確かに衛生面に関してはかなり厳しい意見はある。

そして何より一番考えなければいけない部分が老朽化の部分だった。

もし、このままずっと築地で活動をでしていれば誰かが怪我をしていた可能性も高い。

以前の記事でもお伝えしたように、今回の豊洲市場に移転は仕方ないことである。

現場では不透明な部分が非常に多いので、最新の情報が入り次第時々更新していきたいと思う。

最後に

築地市場跡地は今後いつ再利用されるのかを初めとして、スタジアムやカジノになる可能性についても考察していった。

スタジアムやショッピングモールができてからの築地はどのようになるのか非常に楽しみでもあるが、雰囲気がどのように変化するのかは不安でもある。

多くの方が期待と不安を寄せている築地市場跡地だが、まずは豊洲市場の土壌問題に関してはっきりとした解決策を提示してほしいものだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ