【高校野球】タイブレークのルールについて解説!何回までやるの?

毎年夏に行われる全国高等学校野球選手権大会。2018年は遂にその夏の高校野球が記念すべき100回を迎える。今年は記念大会ということで愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡の7都道府県が2地区に分けられるため合計56代表校で実施される。

毎年熱戦が繰り広げられる高校野球だが、今年からルールがひとつ追加された。それが「タイブレーク制」。これまでは各チーム同点のまま延長戦に突入した際、15回まで試合を行い決着がつかない場合は再試合というルールだったが、今回のタイブレーク制では延長13回から各チームが「ノーアウト1塁2塁」から攻撃を始める。これにより点が入りやすい状況になり試合の決着を早める狙いがある。

今回は今期から高校野球にも本格的に導入された「タイブレーク制」について詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

タイブレーク制とは?

タイブレーク制とは同点のまま延長13回を迎えた時、「ノーアウト1塁2塁」から攻撃を始めるルールである。

ランナーを置いて攻撃を始めることで点が入りやすい状況をつくり、試合の決着を早める狙いがある。

この時の打順は前の回からの継続打順となる。13回の攻撃が2番から始まる攻撃だとすれば、1塁ランナーは1番打者が務め、2塁ランナーは9番打者が務める。

何回までやるの?

タイブレーク制が採用される前は延長15回までを行い、15回で決着がつかない場合は後日再試合というルールとなっていた。

タイブレーク制ではその延長回数制限が廃止され、無制限となる。つまり決着がつくまで何度もノーアウト1塁2塁から攻撃をスタートすることになる。

そもそもノーアウト1塁2塁という点が入りやすい状況なのでそう何回も延長が続くことはあまりないが、場合によっては延長16回以上続くことも考えられる。そのため高校野球では追加で「投手の投球回数制限」がルールとして追加された。

投手は15回以上登板してはならない

タイブレーク制の導入に伴い、「1試合で同じ投手が登板可能なイニング数は1試合当たり最大で通算15回まで」というルールが追加された。

これに伴い1回から先発した投手がずっと投げ続け、延長16回を迎えた際はこの制限にかかり投手交代をせざるを得ないということになる。

このルールは途中登板した投手や、一度降板してもう一度登板した投手にも適用される。3回から登板した投手が投げ続けた場合は延長17回までしか投げれない。高校野球では投手が一度外野など他のポジションを守り再度守備変更で投手に戻るケースが見受けられるが、その場合も通算投球回数でカウントしているため通算で15回しか投げることはできない。

地方大会決勝と甲子園決勝は一度だけ延長15回再試合あり

2018年から本格的に高校野球に導入された「タイブレーク制」だが、現時点では地方大会の決勝と甲子園大会の決勝に限っては従来の延長15回までを行い、それまで決着がつかなければ再試合が認められる。

甲子園での再試合といえば2005年の早稲田実業と駒大苫小牧の一戦を思い浮かべる人も多いだろう。斎藤佑樹と田中将大の投げ合いは延長15回でも決着がつかず、翌日再試合となった。この再試合でも前日延長15回を投げ切った斎藤佑樹が登板し4-3で勝利。歴史に残る名勝負となった。

タイブレーク制によりこのような勝負がなくなると危惧する声もあるが、現状は決勝ではタイブレーク制は一度は適用されないため、この時の試合のように延長引き分け再試合となる可能性はある。

タイブレーク制の面白さ

ノーアウト1塁2塁から攻撃が始まる「タイブレーク」。どうやって点を取りに行くのか各チームの監督の手腕が試されるケースでもある。

ノーアウト1塁2塁ということでセオリーとすれば送りバントをして1アウト2塁3塁のケースを作るだろう。ただし1塁2塁のバントは3塁封殺となる可能性も高くなりリスクもある。

2017年に行われたアジアプロ野球チャンピオンシップ2017では日本対韓国がタイブレークとなり、表の攻撃の韓国が3点取るもウラの攻撃の日本が上林の3ランで流れを変え一気にサヨナラ勝ちに持ち込んだ。

いままで拮抗していたゲームが一気に流れが変わるため、どちらのチームに流れが傾くのか固唾をのむのがタイブレークの面白さでもある。

スポンサーリンク

タイブレーク制のメリットとデメリット

タイブレーク制については長く延長を戦う球児の体調を考慮してという理由で採用されたが、「名勝負が減る」「タイブレークではなくきちんんとした形で決着を付けてほしい」などいろんな反対意見も目立つ。

タイブレーク制導入の検討が進められたきっかけとなったのが2017年の春のセンバツだ。2回戦第2試合の福岡大大濠対滋賀学園と第3試合の福井工大福井対健大高崎の試合がどちらも延長15回を迎えても決着が付かず、史上初の2試合連続引き分け再試合という結果になった。

これにより再試合2試合が翌日に組まれ、休養日として設定されていた日にちが再試合になったことで、日程が過密日程になったという出来事があった。

この大会後タイブレーク制の導入について検討を進めたところ、各都道府県の高野連の賛成多数で導入が決定された。

今まで横浜対PL学園の延長17回や、前述した早稲田実業対駒大苫小牧など延長まで持ち込んだ名勝負を生み出してきた夏の甲子園。しかしながら今の時代は投球過多による球児の故障など、夏の高校野球による健康問題も多く取り上げられている。

タイブレークにより試合が早期決着となることで、投球過多にならない狙いもある。名勝負がなくなるという声もあるが、個人的にはタイブレークによって生まれる名勝負が今後起こることを期待したい。

まとめ

今回は今期から高校野球にも本格的に導入された「タイブレーク制」について詳しく紹介してきた。

延長13回からノーアウト1塁2塁で攻撃が始まるタイブレーク。2018年の夏の高校野球でも既に地方大会で数試合タイブレークによる決着となった試合も生まれている。

ちなみに高校野球では延長12回まで試合が決着する確率が約95%とも言われており、タイブレークに突入する確率は至って少ないと考えられている。タイブレークが導入された2018年の春のセンバツでも実際にタイブレークに突入した試合はなかった。夏の甲子園でタイブレークに突入する試合が生まれるのか注目したい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ