【夏の高校野球】東千葉大会(予選)2018優勝予想&組み合わせ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「東千葉」予選の優勝予想および日程について紹介していく。

2018年は遂に夏の甲子園と呼ばれる「全国高等学校野球選手権大会」が記念すべき100回を迎える。今年は記念大会ということで愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡の7都道府県が2地区に分けられるため合計56代表校で実施される。

今年は西と東、2地区に分けられる千葉。東千葉大会は7月11日に開幕。日程を順調に消化すれば7月26日に決勝を迎える。

東千葉は春の県大会を優勝し、春季関東大会にも出場した「木更津総合」が本命。主砲の野尻を始めとした強力打線と豊富な投手陣は全国でもトップクラス。これを昨年の秋の県大会優勝の「拓大紅陵」や、関東大会で1勝をあげ近年めきめきと力をつけている「千葉黎明」。春の県大会で木更津総合を苦しめた「成田」などが対抗か。

今年はどの高校が優勝するのか。今回は夏の高校野球東千葉予選の優勝予想と組み合わせについて紹介していく。

スポンサーリンク

夏の高校野球東千葉大会組み合わせ

※◎はAシード、○はBシード、△はCシード。

マは「ZOZOマリンスタジアム」。県は「千葉県天台球場」。青は「青葉の森公園野球場」。カは「第一カッター球場」。船は「船橋市民球場」。国は「市川市国府台野球場」。柏は「柏の葉公園野球場」。ナは「ナスパスタジアム」。袖は「袖ヶ浦市総合運動公園野球場」。長は「千葉県長生の森公園野球場」。ゼは「ゼットエーボールパーク」。

A

高校名 日にち 高校名
◎木更津総合 14日 マ 9:00 ①の勝者
①明聖 12日 長 9:00 ①成東
検見川 13日 長 11:30 長生
鶴舞桜が丘 14日 ゼ 11:30 ②の勝者
②稲毛 12日  ナ 9:00 ②横芝敬愛
千葉北 13日 ゼ 11:30 木更津高専

B

高校名 日にち 高校名
大多喜 13日 ナ 11:30 八街・佐原白楊・わせがく
①千葉商 12日 県 14:00 ①あずさ第一
成田北 14日 ナ 9:00 ①の勝者
君津商 13日 ゼ 9:00 犢橋
②大原 12日 マ 14:00 ②姉崎
△幕張総合 14日 県 9:00 ②の勝者

C

 

高校名 日にち 高校名
△千葉学芸 14日 長 9:00 ①の勝者
①千葉明徳 12日 ゼ 14:00 ①小見川
②千城台 12日 青 9:00 ②東海大市原望洋
磯辺 14日 国 11:30 ②の勝者
千葉西 14日 国 9:00 ③の勝者
③暁星国際 12日 県 9:00 ③千葉南
土気 13日 県 9:00 市原中央

D

高校名 日にち 高校名
千葉東 13日 袖 9:00 袖ヶ浦
①成田西陵 12日 ナ 11:30 ①旭農
一宮商 14日 長 11:30 ①の勝者
茂原北陵 13日 長 9:00 若松
②市銚子 12日 青 14:00 ②桜林
〇拓大紅陵 14日 マ 14:00 ②の勝者

E

高校名 日にち 高校名
○志学館 14日 カ 9:00 ①の勝者
①京葉工 12日 袖  11:30 ①市原緑
富里 13日 船 11:30 市千葉
君津青葉 14日 カ 11:30 ②の勝者
②匝瑳 12日 青 11:30 ②渋谷教育幕張
昭和学院秀英 13日 ゼ 14:00 天羽

F

 

高校名 日にち 高校名
泉・大網・上総 13日 袖 14:00 茂原樟陽
①佐原 12日 マ 11:30 ①木更津
君津 12日 ゼ 9:00 ①の勝者
東京学館 14日 ナ 11:30 ②の勝者
②長狭 12日 県 11:30 ②千葉工
③市原 12日 ゼ 9:00 ③市原八幡
△千葉経大付 14日 県 14:00 ③の勝者

G

 

高校名 日にち 高校名
△安房 14日 県 11:30 ①の勝者
①敬愛学園 12日 マ 9:00 ①東総工
②東金 12日 袖 14:00 ②千葉
銚子 14日 ナ 14:00 ②の勝者
九十九里 14日 長 14:00 ③の勝者
③翔凜 12日 袖 9:00 ③茂原
安房拓心 13日 袖 11:30 館山総合

H

 

高校名 日にち 高校名
銚子商 13日 県 11:30 柏井
①生浜 12日 長 11:30 ①下総
京葉 14日 国 14:00 ①の勝者
多古 13日 県 14:00 成田
②東金商 12日 ゼ 11:30 ②成田国際
◎千葉黎明 14日 マ 11:30 ②の勝者

過去の主要大会結果

秋季大会

優勝:拓大紅陵(東)

準優勝:中央学院(西)

ベスト4:木更津総合(東)、習志野(西)

春季大会

優勝:木更津総合(東)

準優勝:習志野(西)

ベスト4:千葉黎明(東)、専大松戸(西)

夏の高校野球東千葉代表予想

100回記念の夏。東千葉大会は7月12日(木)に開幕。決勝戦は日程通り消化すれば7月25日(木)に決勝戦が行われる。

木更津総合

春の県大会を優勝し、春季関東大会にも出場した「木更津総合」。

注目は強力打線。主砲の野尻は警戒されながらも長打を放つなど存在感を見せる。核弾頭の東や攻守の要の山中などタレントが揃う打線は春の県大会と関東大会でも好投手を攻略してきた。

投手陣はエースの根本が常時140キロのストレートを武器に打者を抑える。春季大会は怪我で欠場したものの関東大会で復帰。他1年生の篠木や昨年秋は背番号1をつけていた峯村も控える。右サイドハンドの白井やエース根本の欠場で急きょ投手としてもマウンドに上がり140キロを記録した野尻など層も豊富だ。

例年堅い守りが特徴の木更津総合だが、今年は強打のチームになった。打ち勝つ野球で夏連覇を狙う。

拓大紅陵

昨年秋の大会優勝の「拓大紅陵」。

こちらも強打の打線が持ち味。左の好打者で海外遠征した千葉選抜でも存在感を見せた水島。チャンスに強い打撃が持ち味のキャプテン北野。強肩強打の廣岡や長距離打者の小俣などはまれば怖い打線だ。

投げては右の技巧派・安藤に、2年生左腕・佐々木が台頭。

昨年秋は強打の打線で木更津総合に打ち勝ち優勝を飾った。夏も自慢の打線で優勝を狙う。

千葉黎明

千葉黎明は投げては二枚看板を擁する。渡部は130キロ後半のストレートと多彩な変化球を操り打者を抑える。完投能力もあり監督からの信頼も厚い。もう一人の投手・林は小柄な身長ながら143キロのストレートで三振を奪えるピッチャーだ。

打線は岡澤、宮本と右の強打者がカギ。小柄ながらセンスあるバッティングを見せる1年生の佐久間にも注目。

投手力が光るチームだが県大会では守備でエラーが多くミスが目立った。今大会は守りからリズムをつくっていきたい。

まとめ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「東千葉」の優勝予想および日程について紹介してきた。

「木更津総合」が総合力で一歩リードと見るも、どのチームも好投手並びに好打者が揃っており、特に「拓大紅陵」の打線は木更津総合にもひけをとらない。流れによっては乱打戦の試合が多くなっていきそうだ。今年はどの高校が優勝するか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ