【夏の高校野球】和歌山県大会(予選)2018優勝予想&組み合わせ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「和歌山県」予選の優勝予想および日程について紹介していく。

2018年は遂に夏の甲子園と呼ばれる「全国高等学校野球選手権大会」が記念すべき100回を迎える。今年は記念大会ということで愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡の7都道府県が2地区に分けられるため合計56代表校で実施される。

和歌山県予選は7月11日から予選が始まり日程を順調に消化すれば7月26日に決勝を迎える。

和歌山県はセンバツ準優勝の「智辯和歌山」が実力ひとつ抜き出ている。注目の長距離砲・林晃汰を中心に文元洸成、冨田泰生、黒川史陽と林の後ろを打つ選手たちも強打者揃い。エース平田龍輝も最速144キロのストレートと変化球を持っており、投打共に和歌山県内ではレベルがひとつ違う実力を持っている。

この「智辯和歌山」を止める高校は現れるのか。春季県大会決勝で智辯和歌山と接戦を演じた「市和歌山」。秋準優勝の「日高中津分校」あたりが有力か。

今回は夏の高校野球和歌山予選の優勝予想と組み合わせについて紹介していく。

スポンサーリンク

夏の高校野球和歌山大会組み合わせ

※◎はシード。球場は全て「紀三井寺球場」。準決勝の組み合わせは7月23日(予定)に実施

A

高校名 日にち 高校名
星林 7/14 8:30 和歌山東
近大新宮 7/14 11:00 和歌山商
和歌山高専 7/14 13:30 ◎向陽
熊野 7/16 11:00 ①の勝者
笠田 7/11 11:00 新翔

B

高校名 日にち 高校名
南部 7/15 11:00 田辺
和歌山南陵 7/17 9:00 ①の勝者
①南部龍神 7/12 14:00 ①田辺工
◎市和歌山 7/15 13:30 神島
慶風 7/17 11:30 ②の勝者
②日高中津 7/13 9:00 ②海南

C

高校名 日にち 高校名
◎智辯和歌山 7/14 16:00 高野山
箕島 7/16 13:30 ①の勝者
①粉河 7/12 9:00 ①県和歌山
日高 7/15 8:30 紀北農芸
貴志川 7/16 16:00 ②の勝者
②有田中央 7/12 11:30 ②和歌山北

D

高校名 日にち 高校名
桐蔭 7/15 16:00 ◎初芝橋本
串本古座 7/17 14:00 ①の勝者
①和歌山工 7/13 11:30 ①耐久
橋本 7/16 8:30 新宮
紀北工 7/18 9:00 ②の勝者
②那賀 7/13 14:00 ②紀央館

過去の主要大会結果

秋季大会

優勝:智辯和歌山

準優勝:日高中津分校

ベスト4:箕島、和歌山東

春季大会

優勝:智辯和歌山

準優勝:市和歌山

ベスト4:熊野、初芝橋本

夏の高校野球和歌山代表予想

100回記念の夏。和歌山大会は7月11日(水)に開幕。決勝戦は日程通り消化すれば7月26日(木)に決勝戦が行われる。

秋と春の県大会優勝、センバツ準優勝の智辯和歌山が大本命。どの高校が智辯和歌山の連覇に待ったをかけるのか。

智辯和歌山

秋と春の県大会優勝、センバツ準優勝。全国でも結果を残している智辯和歌山が県内では一歩抜き出ている。

注目は全国でも屈指の強力打線。中でも3番に座る高校通算34発の左のスラッガー・林晃汰は注目のドラフト候補だ。左打者ながら引っ張るだけでなく逆方向へ強い打球を打てるのが持ち味。外野が広い甲子園でも逆方向のレフトにホームランを放つなど広角に打ち分けることができる。

この林の後ろに控える選手も強打者揃い。4番の主将・文元洸成は勝負強い打撃が光る。5番の冨田泰生は追い込まれても粘り強くヒットを打てる打撃センス光る選手。6番の黒川史陽は1年春からレギュラーを張る選手。センバツではサヨナラヒットを放ったり1試合3打数3安打と大活躍。まだ2年生ながら今後にも注目が持てる選手だ。

投げてはエースの平田龍輝が安定している。最速144キロのストレートに加えて変化球を織り交ぜるピッチングで大崩れしないのが持ち味。加えて2番手の投手としてセンバツ決勝にも登板した根来塁や昨年秋から台頭した池田陽佑など楽しみな投手も控えている。

投打共にハイレベルの選手たちが揃う智辯和歌山。全国でも上位クラスの実力は県内では対抗を探すのが難しいほどレベルが1つ2つ抜き出ている。春のセンバツに続き、狙うは夏の和歌山県大会2連覇だ。

スポンサーリンク

市和歌山

圧倒的優勝候補の智辯和歌山をどの高校が倒すのか。

春季大会決勝で智辯和歌山とあたり、5-6で惜敗したものの接戦を演じた市和歌山は有力候補のひとつ。

市和歌山の強みは投手陣。柏山崇や昨年夏の予選も経験している金田陽喜と継投で逃げ切る。打っては吉田龍生がミートがうまく広角に打てるのが持ち味。打線の中軸を担う。

同校としては16年夏以来2年ぶりの甲子園出場を狙う。

日高中津分校

秋準優勝の「日高中津分校」。

秋はエースの入山海斗は最速140キロのストレートを軸にグイグイ押すようなピッチングが持ち味。だが春季大会では登板がなかっただけに夏でマウンドに立つ場面が現れるか。代わって春にマウンドに上がったのが宮井智基。サイドスローからストレートとスライダーを投げ分ける。

まとめ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「和歌山県」の優勝予想および日程について紹介してきた。

センバツ準優勝の「智辯和歌山」が実力ひとつ抜き出ている。林晃汰を中心とした強力打線が夏予選も実力を見せるか。他のブロックも見どころが盛りだくさん。シード校の市和歌山はひとつ勝てば秋優勝の日高中津分校とあたる可能性が高く好勝負が期待できる。他シード校の「初芝橋本」「向陽」の勝ち上がりにも注目だ。今年はどこの高校が甲子園の切符を手にするか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ