【夏の高校野球】山口県大会(予選)2018優勝予想&組み合わせ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「山口県」予選の優勝予想および日程について紹介していく。

2018年は遂に夏の甲子園と呼ばれる「全国高等学校野球選手権大会」が記念すべき100回を迎える。今年は記念大会ということで愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡の7都道府県が2地区に分けられるため合計56代表校で実施される。

山口県予選は6月23日に組み合わせ抽選。7月13日から予選が始まり日程を順調に消化すれば7月26日に決勝を迎える。

去年夏代表校、今年は秋優勝にセンバツ出場を果たした「下関国際」が選手層の厚さもあり頭一つ抜き出ている。昨年の夏の甲子園メンバーが7人残りさらにレベルアップ。4番でエースの鶴田克樹は中国大会で3試合連続完投するなどスタミナ自慢の右腕。投打共にチームの中心選手だ。

追いかけるのが注目の右腕・畑村政輝擁する「早鞆」、安定して上位に食い込んでくる「宇部鴻城」あたりか。藤島新監督を迎え春優勝まで駆け上った「宇部工」も面白い存在。

今回は夏の高校野球山口予選の優勝予想と組み合わせについて紹介していく。

スポンサーリンク

夏の高校野球山口大会組み合わせ

※組み合わせが決まり次第追記します。

過去の主要大会結果

秋季大会

優勝:下関国際

準優勝:高川学園

ベスト4:早鞆、下関西

春季大会

優勝:宇部工

準優勝:下関国際

ベスト4:宇部鴻城、早鞆

夏の高校野球山口代表予想

100回記念の夏。山口大会は7月13日(金)に開幕。決勝戦は日程通り消化すれば7月26日(木)に決勝戦が行われる。

秋優勝、センバツにも出場した「下関国際」が頭一つ抜き出る。昨年初出場を果たした夏の甲子園のレギュラーが7人残り、経験をつけより力をつけたチームに死角はないか。「早鞆」「宇部鴻城」、春優勝の「宇部工」らがこれを追う。

下関国際

秋優勝、センバツ出場を果たした「下関国際」。

初出場だった昨年夏のレギュラーメンバーが7人残るなど、昨年のメンバーが経験を糧にさらにレベルアップ。エースの鶴田克樹は課題だった制球力に磨きをかけ平均与四死球は1個台前半と成長。春は2年生投手陣に経験を積ませるためリリーフ登板が多くなったがセンバツではストレートが145キロを記録しまだまだ成長を感じられる。打っても4番に座る鶴田はチームの攻守の要だ。投手陣は2年生左腕・木村大輝、背番号19の岩本雄斗、左腕・吉村英也など鶴田以外にも経験を積ませ底上げを計っている。

打っては主将・浜松晴天と甲山達也の俊足1,2番コンビ。二遊間でも息のあったプレーを魅せる2人の出塁率は高い。これにフルスイングが魅力の3番・吉村英也と4番のエース・鶴田の上位打線は県内随一。

昨年のメンバーが多く残り、まさに「成熟」といった言葉が似合う今年の「下関国際」。センバツで敗れた悔しさをばねにもう一度甲子園に戻れるか。

早鞆

盤石な下関国際の対抗に上げたいのが「早鞆」。

エース畑村政輝は140キロ台連発のストレートを武器に強気に押し切るピッチングが持ち味。ストレートの最速は146キロを記録した。130キロ後半のスライダーもあるまさに本格派だ。同学年のサイドスロー右腕・執行龍一と共に投手陣を牽引している。

打の中心は主将の紺屋南翔。パンチ力ある打撃は見もの。これに杉 龍星、内之倉瑛輝に加え四番に座った池尻太一ら一年生たちが打線をさらに厚みを加えている。

好投手二人を擁して夏優勝を狙う。

スポンサーリンク

宇部工業

春優勝の宇部工。地区大会では3試合合計19得点と打力が自慢。

春季山口県決勝大会でも3試合で20得点と打線が爆発。下関国際相手に2番水津のタイムリーやエラーなどを重ねて一挙5点を奪った。投げては先発の宮村が制球に苦しみながらも打たせて取るピッチングを見せた。投手陣は背番号8の久保田も130キロ中盤の直球を武器にマウンドに立つ。打線は全体を通して強いスイングが際立っていた。

藤島新監督のもと42年ぶりの春制覇という結果を残した宇部工。夏も勢いそのままに上位まで食い込むか注目だ。

まとめ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「山口県」の優勝予想および日程について紹介してきた。

秋優勝、センバツ出場の「下関国際」が有力候補。昨年の甲子園に出場したメンバーが7人残っているチームはさらに成熟度を増し経験豊富に、選手層の厚さは頭一つ抜き出ている。春県大会では「宇部工」に敗れたものの、エース鶴田ら3人をスタメンから外したうえでの敗戦ということで、夏は万全の態勢で臨んでくると予想。注目の右腕・畑村政輝擁する「早鞆」らどの高校が下関国際の2連覇を阻むか注目だ。今年はどこの高校が甲子園の切符を手にするか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ