【夏の高校野球】高知県大会(予選)2018優勝予想&組み合わせ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「高知県」予選の優勝予想および日程について紹介していく。

2018年は遂に夏の甲子園と呼ばれる「全国高等学校野球選手権大会」が記念すべき100回を迎える。今年は記念大会ということで愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡の7都道府県が2地区に分けられるため合計56代表校で実施される。

高知県予選は6月30日に組み合わせ抽選。7月14日から予選が始まり日程を順調に消化すれば7月26日に決勝を迎える。

今年も夏の予選8連覇中の「明徳義塾」が中心。エースの右サイドハンド市川悠太は高校球界でも注目の存在。他もセンバツでサヨナラアーチを放った谷合悠斗などタレント揃いだ。選手層の厚さは県内でも群を抜いており9連覇を射程圏内に捉えている。

この明徳義塾を止める高校は現れるのか。対抗筆頭は春季大会優勝の「高知商」か。エースの北代真二郎は最速140キロのストレートとツーシームが持ち味。秋大会は明徳義塾を相手に6-7で敗れたものの長打力で明徳義塾をあと一歩まで追い詰めた。今大会こそ明徳義塾を倒せるか。他「高知」「土佐」あたりが有力候補か。
果たしてどこの高校が優勝するのか。今回は夏の高校野球高知予選の優勝予想と組み合わせについて紹介していく。

スポンサーリンク

夏の高校野球高知大会組み合わせ

※組み合わせが決まり次第追記します。

過去の主要大会結果

秋季大会

優勝:明徳義塾

準優勝:高知

ベスト4:高知追手前、高知商

春季大会

優勝:高知商

準優勝:土佐

ベスト4:宿毛、高知西

夏の高校野球高知代表予想

100回記念の夏。高知大会は7月14日(土)に開幕。決勝戦は日程通り消化すれば7月26日(木)に決勝戦が行われる。

夏8連覇中、9連覇を狙う明徳義塾が今年も主役。秋優勝、センバツで3回戦まで進出した実力は県内では群を抜いている。他「高知商」「高知」「土佐」あたりが明徳義塾の9連覇を阻止しにかかる。

明徳義塾

夏8連覇中。秋優勝の明徳義塾。センバツでも3回戦に進出し県内では実力は群を抜いている。9連覇に死角はなしか。

投げてはエースの右サイドハンド市川悠太。センバツでは日本航空石川に9回サヨナラ3ランを打たれるなど悔しい結果に終わった。春を経て直近では本格的に投げるようになったシンカーなど投球の引き出しを増やしている。自信の武器のインローへのストレートなど更に磨きをかけている。

心配だった市川に続く2番手投手についても2年生左腕・服部遼馬が台頭したことで選手層が更に厚くなった。

打ってはセンバツでサヨナラホームランを放った谷合悠斗が軸。滞空の長い一本足打法が特徴だ。緩急にも惑わされないバッティングを見せチームを引っ張る。他一塁を守る中隈廉王の勝負強い打撃と走塁に注目。

投手陣も野手陣も選手層の厚さは県内一。夏9連覇に向けて死角なしか。

スポンサーリンク

高知商

9連覇を目指す明徳義塾の対抗筆頭に挙げられるのが春優勝の「高知商」だ。

エース北代真二郎は最速140キロのストレートを躍動感あるフォームで投げ込むのが持ち味。ストレートとツーシームを軸に投球を組み立てる。

打っては藤高祐一郎を中軸とした長打力を秘めた打線は破壊力がある。昨年の秋季大会準決勝では明徳義塾のエース市川相手に打ち込み6得点をあげた。7失点して敗れたものの明徳義塾攻略の糸口はつかんだか。春の県大会でも5試合で7ホームランが飛び出すなど長打力は今も健在。

県内の高校野球伝統校が明徳義塾の9連覇を阻めるか。

高知

センバツにも出場した高知。

昨秋の公式戦6試合でチーム打率は3割を超えた。ホームランは0ながらパンチ力ある勝負強い打者が揃う打線は強力だ。

俊足巧打でフルスイングが持ち味の中越啓斗、足でも魅せる中畑隆之介との1番2番コンビは驚異。西村唯人、辻海星の中軸は勝負強いバッティングで信頼が厚い。また練習を重ねた「機動力」を織り交ぜた野球も見せる。山崎蓮、入野皓大らが魅せる走力を絡めれば大量得点も見える。

高知高校は6月、複数の野球部員が下級生の顔を殴るなどの暴力を振るっていたことが発覚し現在は対外試合自粛の処置を取っている。夏の大会に出場できるかどうかは現時点で不明だが、出場できるとなればぜひ実力を発揮してもらいたい。

まとめ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「高知」の優勝予想および日程について紹介してきた。

大会9連覇を狙う「明徳義塾」に死角なしか。エース市川の安定感と4番の谷合を始めとした強力打線は県内の他の高校を圧倒している。この明徳義塾の9連覇を阻む高校は現れるのか。共に強力打線を形成している「高知商」「高知」に注目したい。今年はどこの高校が甲子園の切符を手にするか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ