【夏の高校野球】北福岡大会(予選)2018優勝予想&組み合わせ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「北福岡」の優勝予想および日程について紹介していく。

2018年は遂に夏の甲子園と呼ばれる「全国高等学校野球選手権大会」が記念すべき100回を迎える。今年は記念大会ということで愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡の7都道府県が2地区に分けられるため合計56代表校で実施される。

記念大会ということで今年は初めて福岡大会が北と南の2地区に分けられて開催される。例年の福岡大会は1~4回戦を南部大会と北部大会に分け、両大会の8強の計16チームが代表の座を争う形式となっており、その地区割りを踏襲する。北福岡大会は全66校で開催される。

秋大会優勝、センバツに出場し2年連続の夏の甲子園の出場を狙う「東筑」が中心。これに春季大会優勝の「小倉」、同じく北地区から春季大会に出場した「八幡」、「東筑紫学園」、「九州国際大付」が続く。

「東筑」は2度の甲子園も経験したエースの石田旭昇を始めとした投手陣と田中将悟、阿部泰晟、和久田秀馬など個性派なバッターが揃う強力打線が持ち味。145キロをコンスタントに記録するストレートを持つ河浦圭佑を擁する「小倉」、投手陣が厚くなり中軸の甲斐生海など強力打線も健在な「九州国際大付」など注目選手が目白押しだ。

果たしてどこの高校が優勝するのか。今回は夏の高校野球南福岡予選の優勝予想と組み合わせについて紹介していく。

スポンサーリンク


夏の高校野球北福岡大会組み合わせ

※組み合わせが決まり次第追記します。

過去の主要大会結果

秋季大会

優勝:東筑(北部)

準優勝:筑陽学園(南部)

ベスト4:東福岡(南部)、小倉(北部)

春季大会

優勝:小倉(北部)

準優勝:八幡(北部)

ベスト4:九州国際大付(北部)、東筑紫学園(北部)

夏の高校野球北福岡代表予想

100回記念の夏。南大会は7月7日(金)に開幕。決勝戦は南福岡と北福岡は別日に行われ、日程通り消化すれば南福岡大会は7月25日(水)に決勝戦が行われる。

春季大会は北地区代表の4チームがすべてベスト4に進出。春の九州大会は福岡代表はすべて北地区からの選出となった。残念ながら部員の不祥事により「小倉」が出場辞退となったが第4代表の「九州国際大付」が九州大会優勝を果たし、北地区のレベルの高さを見せつけた。

今季は昨年の秋大会優勝、センバツにも出場した「東筑」が軸になるか。これに九州大会優勝の「九州国際大付」、春の県大会優勝の「小倉」、春ベスト4の「東筑紫学園」「八幡」あたりがも上位に食い込んできそう。

果たして100回記念大会に南地区から代表校になる高校はどこになるのだろうか。

東筑

秋の県大会優勝、今春のセンバツにも出場。3季連続の夏の甲子園出場を狙う「東筑」。

投げては2度の甲子園も経験したエースの石田旭昇が中心。右サイドスローからのストレートとツーシームを織り交ぜた投球と2度の甲子園のマウンドに立った経験で安定感ある投球を見せる。これに140キロ近いストレートを持ち完投も可能な林大毅もベンチに控え、投手陣は厚みを増した。

打線は1番でリードオフマンの阿部泰晟、2番ながら勝負強い打撃が光る田中将悟、力強い打撃が持ち味の和久田秀馬と強力打線を擁する。直近ではセンバツで代打として出場していた江藤那央が4番に座るなどレギュラー争いは熾烈。選手層の厚さは県内一だ。実績十分で夏2連覇を狙う。

九州国際大付

春の九州大会で優勝を飾った「九州国際大付」。

元々打線は強力だったものの投手陣が踏ん張りきれないのが課題だった。今春は下村海翔、山本有希也の二人の投手が台頭。春の九州大会では下村と山本が共に2試合完投して頂点をつかんだ。下村は最速144キロのストレートとチェンジアップを中心に組み立てる右の本格派。山本はストレートは120キロ台なもののテイクバックが小さく出どころの見づらいフォームからコントロールよくスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を投げるのが持ち味。

打線は春の県大会で3試合連続2桁得点をあげるなど破壊力抜群。注目はドラフト候補にも挙がる3番甲斐生海。抜群のバットコントロールとパワーを兼ね備える鋭いスイングで中軸を担う。1番の功打者・中村貴浩、4番の戸高誠也と並ぶ上位打線は注目だ。

東筑の夏連覇を阻み、2016年以来の甲子園出場なるか。

スポンサーリンク

小倉

春の県大会優勝の小倉。

エースの河浦圭佑はコンスタントに140キロ中盤のストレートを投げるなど今大会注目の右腕だ。制球力もあり安定感も兼ね備える右腕は春優勝に貢献。変化球にも磨きをかけており夏の仕上がりに期待。右サイドスローの太田も春の県大会で九州国際大付相手に4回無失点に抑えるなど投手陣の軸になっている。

打線は前述の東筑や九州国際大付に比べて一発の力はないものの、コンパクトな打撃を中心に繋ぐ打線を擁する。

春の県大会に優勝したものの、野球部員の不祥事を理由に九州大会を辞退。夏の大会は出場可能となった。同校としては1956年以来の夏の甲子園を目指す。

八幡

春季大会準優勝の八幡。春の九州大会では宮崎の富島を破り1勝を上げた。

1番の山上壮志郎と2番江頭玖弥の上位二人の出塁率は随一。山上壮志郎は大柄ながら俊敏でパンチ力ある打撃を見せる。4番に座る須本啓明は春の光陵戦で2本のホームランを放つなど大会屈指のスラッガー。下位打線にも一発を秘めたバッターが並び破壊力ある打線を形成している。

投げてはエースの右のサイドハンド岸本泰青が中心。ストレートは130キロに満たないが冬場に鍛えたという制球力でコースをうまく突き打たせてとる投球が持ち味。春の九州大会ではセンバツにも出場した宮崎の富島相手に9回2失点完投。強力打線と投手陣がうまくかみ合えば面白い存在になりそうだ。

まとめ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「北福岡」の優勝予想および日程について紹介してきた。

センバツにも出場し夏連覇を狙う「東筑」と春の九州大会優勝の「九州国際大付」が中心になりそう。エースの石田旭昇と林大毅と投手層の厚さと打線の強さを兼ね備える「東筑」。ドラフト候補として名もあがる甲斐生海を中心とした強力打線が持ち味の「九州国際大付」。実力のある2校の勝ち上がりに注目したい。

他にも「小倉」「八幡」「東筑紫学園」と実力のある高校も上位を狙う。どこの高校が甲子園の切符を手にするか注目したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。