【夏の高校野球】大分県大会(予選)2018優勝予想&組み合わせ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「大分県」の優勝予想および日程について紹介していく。

2018年は遂に夏の甲子園と呼ばれる「全国高等学校野球選手権大会」が記念すべき100回を迎える。今年は記念大会ということで愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡の7都道府県が2地区に分けられるため合計56代表校で実施される。

大分県大会は6月20日(水)に組み合わせ抽選会。7月7日(土)から予選が始まる。

優勝候補筆頭は「明豊」。秋と春ともに制覇し春の九州大会は準優勝。高校通算37本塁打のスラッガー・浜田太貴を始め最速142キロの寺迫涼生や本格派右腕の大畑蓮など投打のタレント揃い。昨年度に引き続き2年連続の夏出場を狙う。

その他は混戦。県選手権でその明豊を破り優勝を果たした「佐伯鶴城」、春準優勝の「杵築」、「柳ヶ浦」あたりが続くか。ドラフト注目の左腕・山月雄翔を擁する「大分」も気になる存在。

果たしてどこの高校が優勝するのか。今回は夏の高校野球大分予選の優勝予想と組み合わせについて紹介していく。

スポンサーリンク

夏の高校野球大分県大会組み合わせ

※組み合わせが決まり次第追記します。

過去の主要大会結果

秋季大会

優勝:明豊

準優勝:鶴崎工

ベスト4:日本文理大付属、三重総合

春季大会

優勝:明豊

準優勝:杵築

ベスト4:国東、竹田

県選手権

優勝:佐伯鶴城

準優勝:藤陰

ベスト4:中津東、情報科学

夏の高校野球大分代表予想

100回記念の夏。大分県大会は7月7日(土)に開幕。組み合わせ抽選会は6月20日に行われ日程通り消化すれば7月24日に決勝戦が行われる。

明豊

秋春優勝、春の九州大会は準優勝、実績としては他のチームを一歩リードしている存在。

高校通算37本塁打のスラッガー・浜田太貴を始めとした強力打線が持ち味。浜田は去年の甲子園で逆転2ランを放つなど一気に注目。4番に座ることが多くチームの主砲として期待がかかる。他にも1番の管大和や伊谷幸輝、若杉雅己など下位打線のバッターもホームランを打てるパワーを持っており、どこからでも点を取れる。

投げては最速142キロを計測した右腕・寺迫涼生を始め本格派右腕の大畑蓮、高山竜樹など投手陣も層が厚い。

強力打線を率いて2年連続の甲子園を狙う。

佐伯鶴城

明豊と並んで第1シードの佐伯鶴城。

県選手権では明豊を準々決勝で破りそのまま優勝。44季ぶりの優勝だった。

エースの左腕・大神裕貴が完投。前日の準決勝でも完投したばかりで連投だったが8安打4失点で抑えた。スタミナがあり失点を重ねても試合を作れる安定感がある。打線は主将の甲斐元喜を始め、池田和樹などクリーンナップにかけて繋がりのある打線が持ち味。県選手権に引き続き夏も優勝を勝ち取れるか。

スポンサーリンク

柳ヶ浦

エース上間永遠は丁寧に低めをついて打たせて取る投球が持ち味。倉富悠、髙木飛我、宇土雄馬のクリーンナップは広角に打ち分け長打も狙える。

森山駿汰や仲間脩良など積極的な走塁も特徴。15年ぶりの夏の甲子園出場なるか。

大分

左腕のエース山月雄翔は186cmの恵まれた体系から投げおろす直球と鋭いカーブが魅力的。春季大会では明豊戦で4回から登板し6回を3安打1失点に抑えている。2016年以来の甲子園出場を目指す。

まとめ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「大分県」の優勝予想および日程について紹介してきた。

秋と春を制し九州大会準優勝の「明豊」がリード。注目のスラッガー浜田太貴を擁する強力打線は注目だ。他は混戦。「佐伯鶴城」を始めとして「柳ヶ浦」「大分」「杵築」他実力が拮抗しているだけにノーシードからの優勝の可能性も十分にある。どこの高校が甲子園の切符を手にするか注目したい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ