【夏の高校野球】鹿児島県大会(予選)2018優勝予想&組み合わせ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「鹿児島県」の優勝予想および日程について紹介していく。

2018年は遂に夏の甲子園と呼ばれる「全国高等学校野球選手権大会」が記念すべき100回を迎える。今年は記念大会ということで愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡の7都道府県が2地区に分けられるため合計56代表校で実施される。

鹿児島県大会は6月23日(土)に組み合わせ抽選会。7月7日(土)から予選が始まる。

優勝候補筆頭は「神村学園」。秋季大会優勝、春はベスト4まで進むも下級生への暴力事件が発覚し途中辞退。夏大会は出場可能になったが今回の事件の影響がどこまで響くか。他春季大会優勝の「れいめい」、春季大会準優勝の「樟南」、NHK旗優勝の「鹿児島実」が続く。

果たしてどこの高校が優勝するのか。今回は夏の高校野球鹿児島予選の優勝予想と組み合わせについて紹介していく。

スポンサーリンク

夏の高校野球鹿児島県大会組み合わせ

※組み合わせが決まり次第追記します。

過去の主要大会結果

秋季大会

優勝:神村学園

準優勝:鹿児島実

ベスト4:鹿屋中央、鹿児島情報

春季大会

優勝:れいめい

準優勝:樟南

ベスト4:神村学園、国分中央

NHK旗

優勝:鹿児島実

準優勝:川内

ベスト4:れいめい、尚志館

夏の高校野球鹿児島代表予想

100回記念の夏。鹿児島県大会は7月7日(土)に開幕。組み合わせ抽選会は6月23日に行われ日程通り消化すれば7月23日に決勝戦が行われる。

優勝予想筆頭に挙げられるのは前年度代表校で秋優勝の「神村学園」、次点でNHK旗優勝の「鹿児島実」、春優勝の「れいめい」「樟南」あたりが続く。春優勝のれいめいが川内に敗れたりと実力が拮抗しておりどこが優勝するか注目だ。

神村学園

秋優勝、春もベスト4まで進出。層の厚さを始め他のチームを一歩リードしている存在。

エースで主将の3年中里琉星を始め、同じく3年の金城伶於ら豊富な投手陣。さらには3年羽月隆太郎、角颯真、阿次富雄大といった野手のレベルも高い。

しかしながら春の県大会途中に下級生への暴力事件が発覚。ベスト4に進出するも準決勝を辞退。夏の大会には出場できるものの7月6日まで対外試合禁止の処分が取られている。夏の大会は7月7日から始まるので夏の大会本番まで他の高校との試合が出来ないということになる。調整が難しくなるだけに初戦でつまずくことも十分に考えられる。まずは初戦の戦い方に注目だ。

鹿児島実

NHK旗優勝の鹿児島実。

エース3年吉村陸矩が復調。春の県大会で不振に陥ったが復調。NHK旗決勝の川内戦では2回からロングリリーフで登板し無失点の投球。打撃でも2ランを放つなど存在感を見せている。

吉村に代わってエース番号を背負った3年左腕・立本颯など投手層も厚い。春にかけては主力選手を怪我で欠き苦しい戦いを強いられたが、代わりに中島翔、椎葉崚、山下達也といった選手が台頭。これに主砲・西竜我が怪我から戻ってくれば夏制覇も見えてくる。

スポンサーリンク

樟南

春季大会準優勝の樟南。

主将で県下屈指の好左腕・松本晴を擁したバッテリーを中心とした堅い守りと、春季県予選の全6試合で70安打43打点をたたき出した力強い打線が強み。

松本は180cmの長身から140km近いストレートを軸にカーブなどの変化球で組み立てていくのが持ち味。宮下や池田など控え投手も力をつけてきた。他野手陣はリードオフマンの3年石澤凛汰郎を始め4番の松下航太らに力がある。春は準優勝、NHK旗は鹿児島実に敗れているだけにリベンジを果たしたい。

れいめい

春季大会優勝のれいめい。

3番川口、5番新村、7番登尾を始めとした強力打線が持ち味。春は8番・桑波田のタイムリーやエースの松江優作のタイムリーなどで樟南相手に6点をもぎとり、3季ぶりの優勝を果たした。

エース松江優作は速いテンポとキレのある球が持ち味。打たせて取る投球で試合のリズムを作る。春優勝の勢いで初の夏制覇を勝ち取りたい。

まとめ

今回は2018年の夏の高校野球地区予選大会の中から、「鹿児島県」の優勝予想および日程について紹介してきた。

層の厚さを含め「神村学園」が実力的には上も対外試合禁止の影響がどう響くか。「鹿児島実」「樟南」「れいめい」他実力が拮抗しているだけにノーシードからの優勝の可能性も十分にある。どこの高校が甲子園の切符を手にするか注目したい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ