【箱根駅伝2018】10区のコース・ルートや注目選手を紹介!

毎年お正月の恒例行事となった「箱根駅伝」。2018年1月3日に行われる復路では箱根芦ノ湖~大手町間の5区間をランナー達が走る。今回はアンカー区間。優勝争い、シード権争い、どの争いにも重圧がのしかかり、ビル風や気温の上昇などブレーキの要因が多い10区についてルートやコース、注目選手について紹介していく。

10区は泣いても笑っても箱根駅伝最後の区間。平坦なコースだが優勝争いやシード権争いをしているチームの選手には重圧がのしかかり、更に都心に近付くにつれビル風や気温の上昇がランナーのペースを乱す。

ゴールに近づくにつれ嫌が応でも沿道の声援が大きくなりプレッシャーが大きくなる。いかにプレッシャーの中で力を発揮できるか。ランナー達の勝負強さが勝負のカギを握る。

今回は今年の箱根駅伝の10区について展開を予想、詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

箱根駅伝10区のルート・コースを紹介

区間記録

松瀬 元太(順天堂大)83回・2007年 1時間08分59秒

通過予想時刻

コース地点 通過予定時刻
鶴見中継所 12:17分頃
六郷橋 12:26分頃
南大井歩道橋 12:47分頃
日本橋 13:24分頃
読売本社前 13:27分頃

スポンサーリンク

箱根駅伝10区の注目選手は?

2017年の10区結果をおさらい

順位 記録 選手名(大学) 学年
1 1時間11分00秒 作田直也(順天堂大) 4
2 1時間11分01秒 小野木俊(日体大) 4
3 1時間11分21秒 村上優輝(中央学院大) 4
4 1時間11分41秒 安藤悠哉(青山学院大) 4
5 1時間11分55秒 東福龍太郎(法政大) 2
6 1時間12分01秒 堀合大輔(駒沢大) 2
7 1時間12分19秒 林竜之介(東海大) 4
8 1時間12分27秒 彦坂一成(創価大) 4
9 1時間12分30秒 清水歓太(早稲田大) 2
10 1時間12分32秒 小早川健(東洋大) 3

注目選手は?

10区は箱根のアンカー区間であり最も重圧がかかるポジション。声援もそうだが距離も23kmと比較的長くタフなレースが強いられる。

そんな10区はチームの主将がエントリーされることが多く、昨年は青山学院大学の主将を務めた安藤悠哉が10区を務め、青学三連覇のゴールテープを切った。他にも中央学院大の村上優輝や日体大の小野木俊など、プレッシャーのかかる区間を主将が担い好成績を残すケースが目立つ。

今年も青山学院大学は主将を務める吉永竜聖がアンカーを務めるのが濃厚。箱根出場経験はなく今回出場なら最初で最後の箱根駅伝。リーダーシップが評価され主将に抜擢された今年、青学4連覇に向け主将が良い走りで締めくくることができるか。

他にも優勝候補として東海大学は4年の國行麗生の起用を予想。箱根では不振が続いているが、今年の全日本駅伝では区間2位。安定した走りを見せている。神奈川大学は前回9区の大川を10区に持ってくるか、秋澤啓尚の起用を予想する。

また記録という意味では駒澤大の堀合大輔に注目。昨年も10区を走り区間6位。今年も10区を担当する可能性が高い。全日本では6区区間賞を獲得し実力もつけており、区間賞候補として期待がかかる。

泣いても笑っても最後の区間。プレッシャーのかかる区間でゴールテープを目指し走るランナー達の奮闘に期待したい。

箱根駅伝2018各区の予想と展望

往 路
1区 2区 3区 4区 5区
復 路
6区 7区 8区 9区 10区

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。