【箱根駅伝2018】8区のコース・ルートや注目選手を紹介!

毎年お正月の恒例行事となった「箱根駅伝」。2018年1月3日に行われる復路では箱根芦ノ湖~大手町間の5区間をランナー達が走る。今回は比較的平坦なコースながらラスト5kmの遊行寺の坂が最大の難所、8区についてルートやコース、注目選手について紹介していく。

8区はアップダウンが比較的平坦のコースで走りやすいが、残り9km近くから徐々に上り坂へと変わり、意外にもタフなコース。残り5kmからの遊行寺の坂は最大の難所でレース後半のランナーたちを苦しめる。

また8区あたりから優勝争い、並びにシード争いも過熱。下位のチームにとっては母校の襷を最後まで繋げれるか否かの「繰り上げスタート」を意識するチームも出始め、各争いはもちろん、トップとのタイム差も頭に入れてのレースが展開される。

今回は今年の箱根駅伝の8区について展開を予想、詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

箱根駅伝8区のルート・コースを紹介

区間記録

古田 哲弘(山梨学院大)73回・1997年 1時間04分05秒

通過予想時刻

コース地点 通過予定時刻
平塚中継所 10:01分頃
高浜台交差点 10:10分頃
常磐町交差点 10:31分頃
南仲通りバス停 10:46分頃
戸塚中継所 11:05分頃

スポンサーリンク

箱根駅伝8区の注目選手は?

2017年の8区結果をおさらい

順位 記録 選手名(大学) 学年
1 1時間04分21秒 下田裕太(青山学院大) 3
2 1時間06分25秒 大塚倭(神奈川大) 3
3 1時間06分33秒 米満怜(創価大) 1
4 1時間06分49秒 竹下和輝(東洋大) 3
5 1時間06分58秒 春日千速(東海大) 3
6 1時間07分09秒 熊耳智貴(国学院大) 3
7 1時間07分18秒 甲斐智樹(順天堂大) 4
8 1時間07分19秒 林日高(大東文化大) 3
9 1時間07分20秒 青木涼真(法政大) 1
10 1時間07分42秒 広瀬匠(駒沢大) 4

注目選手は?

昨年は青学・下田裕太が圧巻の走り。区間記録である1時間04分5秒にはあと16秒及ばなかったものの、2位と2分近く引き離し、7区で脱水症状に陥りブレーキを踏んだ田村の遅れを見事に挽回。青学の総合優勝を一段と近づける走りを見せた。

その下田裕太だが、12月に行われた監督対談で、青学の原監督がまさかの下田を5区に起用する可能性を示した。理由は下田の足の裏にできたマメだといい、平地よりも上りの方がマメによる負担が少ないからだという。どこまで信憑性のあるものかわからないが、下田を5区に起用する可能性は50%だということ。去年同様8区におけば区間賞の第1候補なだけに下田の起用がどこの区になるか目が離せない。

8区は遊行寺の上りがランナーを苦しめることから、スピードランナーよりもタフなスタミナを持った選手を起用することのほうが多い。そのため登りが得意な選手が多く、良い結果を出した選手は次回以降の5区山登りにコンバートされる可能性が高い。去年8区を走った東海大の春日千速が今年5区に起用される可能性が高いのもそれを裏付ける結果だろう。

基本的に8区はつなぎの区間であり、下田のようなエース級のランナーがこの区にエントリーされることは極めて少ない。だが下田を持ってこれるということは逆に他の区のランナーが充実しているということでもある。去年は8区で青学の総合優勝を手堅いものにしたということもあり、青学の他の優勝候補、東海大や神奈川大も誰をエントリーしてくるかも楽しみなところだ。

また力的には他の区より少し力の劣るランナーがエントリーされることの多い区だが、その分4年をかけて少しずつ実力をつけて初めて箱根を走るランナーや、初めて箱根を走るルーキーなど様々な思いを背負って走るランナーが多い区でもある。普段から注目されているランナーは少ない中、箱根を走る彼らたちの奮闘に期待したい。

箱根駅伝2018各区の予想と展望

往 路
1区 2区 3区 4区 5区
復 路
6区 7区 8区 9区 10区

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。