【箱根駅伝2018】出場校とメンバー・注目選手も紹介!

正月の恒例行事となった「箱根駅伝」。第94回東京箱根間往復大学駅伝競走は2018年も1月2日に往路、1月3日に復路の日程で開催される。前回大会で10位までに入ったシード校10校と、2017年10月14日に行われた箱根駅伝の予選会を勝ち抜いた10校。そして箱根駅伝の予選を勝ち抜けなかった学校から成績上位のランナーを選抜して結成された「関東学生選抜」の全21チームで行われる。

今年の注目は何と言っても大会4連覇がかかる「青山学院大学」をその他の学校が止められるかといったところに注目が集まる。その青山学院大学の対抗馬筆頭に挙がっているのが「東海大学」だ。2015年度の全国高校駅伝の花の1区で上位6人中5人が東海大に入学したことから現2年生が「黄金世代」と呼ばれている東海大。その東海大は今年の出雲駅伝を青山学院大を抑えて優勝しており、箱根駅伝でもその実力が発揮されるか注目が集まる。

また今年の全日本大学駅伝を制し一気に注目を浴びた「神奈川大学」。また最近は青山学院大に1位を奪われながらも毎回大会安定した強さを見せる「東洋大学」「駒澤大学」といった大学も虎視眈々と優勝を狙う。

今年の箱根駅伝はどこが優勝するのか。今回は箱根駅伝2018の出場校と注目選手、予想と展望を紹介していく。

スポンサーリンク

箱根駅伝2018の出場校を紹介

シード校

青山学院大学 10年連続23回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 2位
2017年 全日本大学駅伝 3位
2016年 箱根駅伝 1位
エントリーメンバー 学年 高校
近藤修一郎 4年 九州学院
下田裕太 4年 加藤学院
田村和希 4年 西京
吉永竜聖 4年 鹿児島城西
小野田勇次 3年 豊川
梶谷瑠哉 3年 白鴎大足利
橋詰大慧 3年 和歌山北
橋間貴弥 3年 山形南
林奎介 3年 柏日体
森田歩希 3年 竜ヶ崎一
山田滉介 3年 日体荏原
鈴木塁人 2年 流通経済大柏
竹石尚人 2年 鶴崎工
中根滉稀 2年 流通経済大柏
吉田祐也 2年 東農大三
神林勇太 1年 九州学院

箱根駅伝3連覇中。今や大学駅伝界のトップを走っている青山学院大学。今年は箱根四連覇がかかっており注目を集める。

箱根駅伝を経験し、好走しているメンバーが多く安定した競争が臨める。6区山下りで去年2位の3年小野田勇次。8区で区間賞の4年下田祐太。そして去年脱水症状でブレーキも実力は青山大学トップの4年田村和希と去年の優勝メンバーも多数存在する。

しかしながら過去3連覇した際にエース区間2区を3年連続で走った一色恭志が卒業。その他実力のあった4年生が卒業しただけにその穴を埋めれる活躍ができるかが勝負のカギになる。

2017年に行われた出雲駅伝は2位、全日本大学駅伝は3位に終わり優勝を逃している。どちらも1区での出遅れが響いた格好だ。序盤からトップ集団をキープしいい位置でレースを展開したい。

東洋大学 16年連続76回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 5位
2017年 全日本大学駅伝 5位
2016年 箱根駅伝 2位
エントリーメンバー 学年 高校
小早川健 4年 武蔵越生
小笠椋 3年 埼玉栄
中村拳悟 3年 八戸学院光星
山本修二 3年 遊学館
相澤晃 2年 学法石川
今西駿介 2年 小林
定方駿 2年 川棚
土壁和希 2年 つるぎ
中村駆 2年 西京
渡邊奏太 2年 吉原工
浅井崚雅 1年 一関学院
大澤駿 1年 山形中央
田中龍誠 1年 遊学館
西山和弥 1年 東農大二
野口英希 1年 松山
吉川洋次 1年 那須拓陽

去年の箱根駅伝2位の東洋大学。今年の出雲駅伝や全日本大学駅伝では序盤から先頭争いに入るも、後半から失速するパターンが目立った。

1年のルーキー西山和弥やエース3年の山本修二など力がある選手が多いが、その他の選手が離されることが多く、全日本でも1区からトップに立ったものの後半に順位を落として結果5位に終わった。

箱根では全選手が安定した力を出せば優勝も夢ではない。まずは1区2区で上位をキープすることがカギとなる。また1年のルーキー西山が何区を走るかも注目となる。

早稲田大学 42年連続87回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 9位
2017年 全日本大学駅伝 7位
2016年 箱根駅伝 3位
エントリーメンバー 学年 高校
石田康幸 4年 浜松日体
河合裕哉 4年 時習館
谷口耕一郎 4年 福岡大大濠
藤原滋紀 4年 西脇工
光延誠 4年 鳥栖工
安井雄一 4年 市立船橋
小沢直人 3年 草津東
清水歓太 3年 中央中等
永山博基 3年 鹿児島実
遠藤宏夢 2年 国学院久我山
大木皓太 2年 成田
太田智樹 2年 浜松日体
新迫志希 2年 世羅
宍倉健浩 1年 早実
渕田拓臣 1年 京都桂
吉田匠 1年 洛南

去年の箱根駅伝3位の早稲田大学。実力のあった平和真をはじめ前回大会で10区中4区を走った4年生が卒業。4年生が抜けた穴をどう埋めるかが課題となっていた。

しかしながら全日本駅伝では7着に終わり出雲駅伝に続きシード権を逃した。箱根駅伝にも不安を残す中、ミスが許されない箱根でいかに実力を発揮することができるか。

注目選手は主将の安井雄一。現4年生で唯一1年生から箱根に出ている選手で今年は予想では5区山登り区間に出場が見込まれる。キャプテンの魂の走りに注目したい。

順天堂大学 7年連続59回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 4位
2017年 全日本大学駅伝 12位
2016年 箱根駅伝 4位
エントリーメンバー 学年 高校
栃木渡 4年 佐野日大
中村陵介 4年 作新学院
江口智耶 3年 大牟田
金原弘直 3年 浜松日体
塩尻和也 3年 伊勢崎清明
山田攻 3年 学法石川
吉岡幸輝 3年 白石
鈴木雄人 2年 浜松日体
永山博基 3年 鹿児島実
難波皓平 2年 専大松戸
野田一輝 2年 西京
橋本龍一 2年 法政二
藤曲寛人 2年 加藤学園
内山将志 1年 愛知
清水颯大 1年 洛南
根井勇哉 1年 前橋育英

去年は総合4位。古豪復活ののろしをあげた順天堂大学。

リオデジャネイロオリンピックの3000m障害の日本代表でもある3年塩尻和也が去年は2区で好走。序盤から好位置につけ、後のランナーも安定したレースを展開し4位につけた。

それでも今年の全日本は12位。1区で22位と出遅れたのが原因だろう。その後2区の塩尻が区間3位の走りで順位を上げるもその後最後まで出遅れが響いた形となった。エース塩尻や4年の栃木渡を始め実力がある選手もいるだけに、塩尻らで順位をキープし好位置を守り続けることができるかが勝負の分かれ目だ。

神奈川大学 8年連続49回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 6位
2017年 全日本大学駅伝 1位
2016年 箱根駅伝 5位
エントリーメンバー 学年 高校
大塚倭 4年 洛南
枝村高輔 4年 藤枝明誠
秋澤啓尚 4年 藤沢翔陵
鈴木健吾 4年 宇和島東
鈴木祐希 4年 愛知
西田秀人 4年 伊賀白鳳
大川一成 4年 藤沢翔陵
大野日暉 4年 豊川工
田中翔太 3年 西京
多和田涼介 3年 愛知
山藤篤司 3年 愛知
荻野太成 2年 加藤学園
越川堅太 2年 東京実
宗直輝 2年 鳥栖工
安田共貴 1年 大牟田
北崎拓矢 1年 関大北陽

青山学院大学や東海大学を抑え今年の全日本大学駅伝を制した「神奈川大学」。一気に優勝候補に躍り出たダークホース的な存在だ。

エース鈴木健吾を始め、出雲と全日本共に1区を走り出雲は区間2位、区間4位と安定している山藤篤司。また去年は箱根でブレーキとなったものの、今年の全日本5区では区間賞を取った越川堅太など実力派が揃う。

序盤戦はトップ集団で来ることが予想されるだけに5区山登りでどれだけ食らいつくことができるか。山登りを終えても好位置につけているようであれば総合優勝が見えてくる。

スポンサーリンク

中央学院大学 16年連続18回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 8位
2017年 全日本大学駅伝 6位
2016年 箱根駅伝 6位
エントリーメンバー 学年 高校
大森澪 4年 関大北陽
新井翔理 4年 東農大二
細谷恭平 4年 水城
由見光道 4年 鶴崎工
廣佳樹 3年 県西宮
釜谷直樹 3年 西脇工
樋口陸 3年 武蔵越生
福岡海統 3年 花咲徳栄
光武洋 3年 大体大浪商
市山翼 3年 大宮東
横川巧 2年 中之条
高砂大地 2年 関大北陽
藤田大智 2年 西脇工
有馬圭哉 2年 東播磨
城田航 2年 東農大二
高橋翔也 1年 市船橋

去年は箱根6位。初めて3年連続シードを獲得した中央学院大学。今年も安定した強さでシード獲得となるか。

全日本では1区の4年大森澪が好走したものの、その後上位とじりじりと離され結果6着。活躍が期待される2年の高砂大地が区間10位と足踏み。出雲でも区間9位と足踏みしただけにコンディション不良が心配される。

高砂や全日本駅伝を怪我で欠場した2年横川巧が箱根で戻ってくれば4年連続シードが見えてくる。

日本体育大学 70年連続70回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 3位
2017年 全日本大学駅伝 出場なし
2016年 箱根駅伝 7位
エントリーメンバー 学年 高校
小町昌矢 4年 藤沢翔陵
重松尚志 4年 松山工
城越勇星 4年 豊川工
住田優範 4年 西京
辻野恭哉 4年 伊賀白鳳
富安央 4年 豊川工
吉田亮壱 4年 大牟田
林田元輝 3年 九州学院
三原卓巳 3年 洛南
室伏穂高 3年 加藤学園
山口晟弥 3年 大牟田
中川翔太 2年 九州学院
浜田諒 2年 出水中央
廻谷賢 2年 那須拓陽
森田諒太 2年 西条農
山口和也 2年 世羅

昨年箱根駅伝7位の日体大。今年の出雲駅伝を3位でゴールし今年は上位進出も夢ではないと思われた矢先、陸上部員が女子寮へ侵入し下着を盗むという不祥事を起こしてしまった。その影響で今年の全日本大学駅伝を欠場。箱根駅伝には今のところ出場の予定とのこと。

出雲1区の吉田亮壱。4区で順位を2つ上げた富安央。同じく5区で順位を2つ上げた辻野恭哉らが活躍すればシード圏内が見えてくる。前回大会は6区山下りで区間1位を取った秋山が今年はいないだけに、チーム全体で安定した順位をキープし、不祥事に負けないくらいの走りを期待したい。

法政大学 3年連続78回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 途中棄権
2017年 全日本大学駅伝 10位
2016年 箱根駅伝 8位
エントリーメンバー 学年 高校
細川翔太郎 4年 大町
磯田和也 4年 熊谷
大畑和真 4年 島田
狩野琢巳 4年 東農大二
鈴木亮平 3年 酒田南
東福龍太郎 3年 鹿児島城西
土井大輔 3年 九州国際大付
坂東悠汰 3年 津名
福田兼士 3年 須磨学園
矢嶋謙悟 3年 市船橋
青木涼真 2年 春日部
岡原仁志 2年 広島国際学院
佐藤敏也 2年 愛知
坪井慧 2年 大垣日大
増田蒼馬 2年 島田
松澤拓弥 2年 中京

去年8位に入りシード権を獲得した法政大学。しかし今シーズンは出雲駅伝は4区で強矢涼太が脱水症状で途中棄権となり記録なし。全日本大学駅伝は10位と苦しい結果が続いている。

それでも関東インカレで5位と結果を残している3年坂東悠汰や、全日本では3区で区間2位の走りを見せた2年佐藤敏也など好ランナーもいるだけに、他のランナーがどれだけ台頭してくるかで順位が大幅に変わってくるだろう。

駒澤大学 52年連続52回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 7位
2017年 全日本大学駅伝 4位
2016年 箱根駅伝 9位
エントリーメンバー 学年 高校
工藤有生 4年 世羅
紺野凌矢 4年 鯖江
高本真樹 4年 学法石川
中西亮貴 4年 益田清風
伊勢翔吾 3年 市船橋
片西景 3年 昭和第一学園
下史典 3年 伊賀白鳳
白頭徹也 3年 豊川工
堀合大輔 3年 青森山田
大坪桂一郎 2年 鳥栖工
中村大成 2年 東北
中村大聖 2年 埼玉栄
山下一貴 2年 瓊浦
伊東颯汰 1年 大分東明
小原拓未 1年 一関学院
加藤淳 1年 西脇工

去年9位の駒澤大。今年は全日本で1区片西景が区間2位といい走りを見せるも後続がじりじりと後退。6区で堀合大輔が区間1位の走りを見せ順位を大きく戻すも、結果4位で終わった。

他にも工藤有生など実力のある選手がいるだけに箱根では1区2区で好位置を確保し、その後どれだけキープできるかがカギとなる。また去年まで5区山登りを務めていた大塚が卒業しただけに、今年だれが山登りを担当するかも注目だ。

東海大学 5年連続45回目
大会名 順位
2017年 出雲駅伝 1位
2017年 全日本大学駅伝 2位
2016年 箱根駅伝 10位
エントリーメンバー 学年 高校
春日 千速 4年 佐久長聖
川端 千都 4年 綾部
國行 麗生 4年 美馬商
三上 嵩斗 3年 岡崎城西
湊谷 春紀 3年 秋田工
湯澤 舜 3年 東海大三
鬼塚 翔太 2年 大牟田
郡司 陽大 2年 那須拓陽
阪口 竜平 2年 洛南
関  颯人 2年 佐久長聖
高田凜太郎 2年 九州学院
館澤 亨次 2年 埼玉栄
中島 怜利 2年 倉敷
西川雄一朗 2年 須磨学園
松尾淳之介 2年 秋田工
西田 壮志 1年 九州学院

昨年は10位だが今年の優勝候補筆頭に数えられる東海大学。出雲駅伝を制覇、全日本大学駅伝は2位だったものの安定した強さを誇っている。

黄金世代と呼ばれる2年生のうち「関颯人鬼塚翔太館沢亨次」の三人が既に主力となっており、上級生も川端千都三上嵩斗と実力者が揃う。

全日本では1区2区の出遅れが響いただけに、実力通りの結果を出せば優勝も見えてくる。黄金世代も去年箱根を経験しているだけに安定した走りを見せたいところ。

スポンサーリンク

予選会突破校

帝京大学 11年連続19回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 1位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 13位
2016年 箱根駅伝 11位
大東文化大学 6年連続49回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 2位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 14位
2016年 箱根駅伝 13位
中央大学 2年ぶり91回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 3位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 出場なし
2016年 箱根駅伝 出場なし
山梨学院大学 32年連続32回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 4位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 9位
2016年 箱根駅伝 17位
拓殖大学 5年連続39回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 5位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 出場なし
2016年 箱根駅伝 14位

スポンサーリンク

國學院大学 3年連続11回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 6位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 11位
2016年 箱根駅伝 16位
国士舘大学 2年連続46回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 7位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 出場なし
2016年 箱根駅伝 20位
城西大学 2年ぶり14回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 8位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 13位
2016年 箱根駅伝 出場なし
上武大学 10年連続10回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 9位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 9位
2016年 箱根駅伝 15位
東京国際大学 2年ぶり2回目
大会名 順位
2017年 箱根予選会 10位
2017年 出雲駅伝 出場なし
2017年 全日本大学駅伝 出場なし
2016年 箱根駅伝 出場なし
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ