【サッカーワールドカップ2018】コロンビアって強いの?注目選手は?

2018年にロシアで行われるFIFAワールドカップ2018の組み合わせ抽選が2017年12月2日に行われ、日本は「コロンビア、セネガル、ポーランド」と同じグループHに決まった。

これから2018年6月のW杯開幕にむけて各チーム準備に入っていくことになる。

そんな日本代表の初戦に当たるのが「コロンビア」。FIFAランク13位の南米のサッカー強豪国だ。注目選手として現在バイエルン・ミュンヘンに所属し以前レアルマドリードに所属していたFWハメス・ロドリゲス等がいる。

2014年に行われたブラジルワールドカップでは日本とも対戦しており、その際は日本が一時岡崎のゴールで追いつくも終盤ハメスロドリゲスのゴールで突き放されるなど結果1-4で敗れ、日本はグループリーグ敗退という形となってしまった。

今回は2018ワールドカップで初戦に当たるコロンビアについて紹介していく。

スポンサーリンク

サッカーコロンビア代表は強いの?

コロンビア

FIFAランク 13位
W杯最高成績 ベスト8(2014)
住吉大社 有料駐車場 6:00~18:00

サッカーコロンビア代表はFIFAランク13位の強豪。ホームユニフォームのカラーは黄色。

2014年ブラジルW杯以前は低迷が続いており、W杯南米予選でも予選敗退が続いていた。しかしラダメル・ファルカオ、ハメス・ロドリゲス、フレディ・グアリンなど欧米リーグを中心に世界で活躍する選手が台頭し、2014年ブラジルW杯南米予選を2位で突破。5大会ぶりのW杯出場を果たす。

W杯本戦でもファルカオを負傷で欠いたにも関わらず、初戦のギリシャ戦を3-0、続くコートジボワール戦も2-1で連勝し3戦目の日本戦を待たずにグループリーグ突破を決めた。その後日本戦も4-1で勝利し3連勝を飾った。

その後決勝トーナメント1回戦でウルグアイを2-0で勝利したが、準々決勝でブラジルに1-2で敗れ結果ベスト8に終わった。しかしながらベスト8はコロンビア代表の最高成績であり大会後にはフェアプレー賞も受賞した。

2018年W杯予選でもFWハメス・ロドリゲスやMFフアン・クアドラードなど2014年のW杯で日本相手にゴールを決めた選手もメンバーに入っており、日本にとって脅威となっていくだろう。

日本との対戦成績は?

コロンビア代表と日本代表は過去3回対戦しており、対戦成績は「1分2敗」だ。

初めての対戦はフランスで行われた2003年のFIFAコンフェデレーションズカップ。アジアカップで優勝した日本は、同様にコパアメリカで優勝したコロンビア代表と対戦。中田英寿や中村俊輔等がスタメンに名を連ねていた頃の日本代表。コロンビアに勝てばグループステージ突破という場面だったが、結果0-1でコロンビアに敗れグループステージ敗退となっている。

次に対戦したのが2007年。キリンカップという国際親善試合の位置づけでさいたまスタジアム2002で対戦した。当時海外組だった高原、中村俊輔、中田浩二、稲本といった選手が全員出場したが結果スコアレスドローに終わった。

そして直近の対戦が2014年のブラジルワールドカップ。勝利がグループリーグ突破の絶対条件の日本は序盤から攻める姿勢を見せるがなかなか得点を奪えない。そんな中前半15分にカウンターから今野がPKを与えてしまい失点。その後前半終了間際に岡崎が頭で合わせ同点に追いつくも、後半10分、後半37分にジャクソン・マルティネスに立て続けに決められ、後半ロスタイムにはハメス・ロドリゲスにダメ押しゴールを奪われるなど1-4で敗戦。グループステージ敗退となった。

スポンサーリンク

コロンビア代表の注目選手は?

ハメス・ロドリゲス

ハメス

現在はドイツのバイエルン・ミュンヘンで活躍する選手。母国コロンビアでプロキャリアをスタートし、ポルトガル、フランスと徐々にプレーの場をステップアップさせる。2014年ブラジルW杯ではコロンビア代表の10番を背負い個人通算6ゴールを挙げ得点王に輝く。その後活躍が認められ同14年にレアルマドリードに移籍。初年度は活躍を残したが、以降出場機会を得られず2017年にドイツのバイエルン・ミュンヘンに移籍。現在もコロンビア代表の顔と言える存在。

ラダメル・ファルカオ

ファルカオ

アルゼンチンのリバープレートで得点王に輝くなどキャリアを積み2009年にポルトガルのポルトに移籍。10-11シーズンのELで11ゴールと結果を残し、実績が認められ翌年アトレティコ・マドリードに移籍。現在はフランスのモナコでプレーする。

2014年のワールドカップはメンバーに入っていながらも左膝の十字靭帯断絶の大怪我を負い欠場を余儀なくされた。現在もコロンビア代表のスタメンに名を連ねており、コロンビア代表の通算得点記録を保持するなどコロンビア屈指のストライカーだ。

まとめ

今回は2018ワールドカップで初戦に当たるコロンビアについて日本との戦績や注目選手を紹介してきた。

前回2014年のワールドカップでコロンビアに負けている日本。1-4で惨敗しているだけに2018年のワールドカップはリベンジしたいところ。今回は大事な初戦で当たるだけに何としても勝ちたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。