【住吉大社の初詣2018】付近の無料・有料駐車場情報まとめ!

2017年も早くも年末を迎え年越しのシーズンを迎える。大晦日から二年参りしにいったり、元旦ないし三が日に初詣スポットに向かって初詣をする人は多いだろう。今回は多くある初詣スポットの中でも例年200万人以上の参拝客が訪れる屈指の人気スポット「住吉大社」について駐車場への行き方や料金について紹介していく。

およそ1800年の歴史がある住吉大社。三が日の参拝者が大阪で一番多いことでも知られており関西でもトップ3に入る人気の初詣スポットだ。その多くの人が電車など公共交通機関を使って参拝すると思うが、自家用車を使って参拝に訪れるなど車を利用して参拝する人も中にはいるだろう。

今回はそんな車で参拝する人むけに「住吉大社」の駐車場への行き方や料金について紹介していく。

スポンサーリンク

住吉大社の初詣期間中に使用できる駐車場は?

住吉大社境内の駐車場は三が日使用不可

http://www.sumiyoshitaisha.net/access/car_kisei.html

住吉大社境内には無料で利用できる北駐車場と有料の南駐車場、あわせて約400台の駐車スペースがある。また併設して住吉大社有料駐車場も存在するが、三が日は大規模の交通規制のため、住吉大社付近の車両の境内進入は不可となっている。従って三が日は住吉大社無料駐車場並びに有料駐車場は使用不可となるため注意しよう。交通規制の期間は以下の通りだ。

期間 時間
31日~1日 午後11時~午後7時頃
2日~3日 午前10時~午後7時頃

4日以降は交通規制が解除され無料駐車場並びに有料駐車場も使用可能になる。ただし4日、5日はまだまだ人出が多く満車で停められない確率が高いので注意しよう。

また交通規制は南北800m、東西600mの広範囲に及んでいるため住吉大社の隣にある住之江公園にも駐車することができない。交通規制付近の駐車場は軒並み満車になり停めるのは容易ではないだろう。路上駐車をする人もいるが交通ルールを守り、空いている駐車場に頑張って停めるようにしよう。

名前 時間 料金 台数
住吉大社 無料駐車場 7:00~終了時間まで 無料 200台
住吉大社 有料駐車場 6:00~18:00 1時間200円 200台

スポンサーリンク

住吉大社付近にある駐車場を紹介

住吉大社に停める際、平日やイベント毎のない日等であれば上記の住吉大社に併設している駐車場に停めることができるが、初詣など人が多く集まる時は併設の駐車場は満車になる場合が多く、付近の有料パーキングに停めることになる。

しかしながら住吉大社付近の駐車場は収容台数が少ないのもあり軒並み満車になる可能性が高く、住吉大社駅沿線の駅に車を停め電車で住吉大社駅に行く「パークアンドライド」でも1駅程度では駐車場が埋まっている場合が多く、数駅離れた駅周辺の駐車場に停めて電車で向かうのが初詣では一番無難に車を停めれると考える。

明治神宮付近にある有料パーキングの中からおすすめの箇所をピックアップして紹介していく。

タイムズ天下茶屋駅前

タイムズ天下茶屋前

住吉大社から南海本線で三駅の天下茶屋駅そばにある駐車場。収容台数が125台あり、付近の駐車場の中でも特に多く車を停めることができる。

収容台数 125台
料金 1日最大料金800円

 

タイムズヤマダ電機LABI1NAMBA

タイムズヤマダ電機LABI1NAMBA

なんば駅近くのヤマダ電機の駐車場。収容台数が956台とこちらも収容台数は多め。住吉大社まで電車で9分とアクセスも比較的良い。

収容台数 956台
料金 1日最大料金1500円(24時迄)

 

まとめ

今回は「住吉大社」の駐車場への行き方や料金について紹介してきた。

参拝客200万人を数え初詣問わず年中賑わっている「住吉大社」。特に三が日はたくさんの参拝客が足を運ぶため大変な混雑が予想される。初詣に行く方は混雑時間帯を避けて足元に気をつけて初詣に行ってきて欲しい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ