【川崎大師の初詣2018】混雑時間まとめ!屋台はいつまで?

010e4f5e8b1123b606a19167ab3c5922e6d6ea3e7a

2017年も早くも年末を迎え年越しのシーズンを迎える。大晦日から新年を迎える時間や元旦ないし三が日に初詣スポットに向かって初詣をする人は多いだろう。今回は多くある初詣スポットの中でも神奈川県川崎市にある「川崎大師」について混雑状況や待ち時間はいつまでか、また屋台の出店状況について紹介していく。

古くから厄除けの大師として有名な「川崎大師」。そんな川崎大師は初詣でも全国でも有数の参拝客が訪れる場所として有名であり、初詣にも三が日通じて300万人が訪れ明治神宮、成田山新勝寺に次ぐ人出で賑わう人気の初詣スポットとして知られている。

今回はそんな「川崎大師」の初詣時の混雑状況などについて詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

川崎大師の参拝時間や混雑状況まとめ

川崎大師の参拝時間は?

川崎大師の参拝時間だが、12月31日から元日の20時30分にかけては終日参拝が可能だ。2日、3日は6時00分から19時30分までとなっている。その他期間によって参拝時間が異なるので詳しくは以下をご覧になってほしい。

日にち 参拝時間始 参拝時間終
12月31日 6:00 0:00(元旦まで終日)
1月1日 0:00 20:30
1月2日 6:00 19:30
1月4日~8日,それ以外の土日 6:00 18:00
1月20日 6:00 21:00
1月21日 5:30 18:30
平常時 6:00 18:00

浅草寺の混雑状況は?

蟾晏エ蚕IMG_0673

例年年明けの1月1日の午前0時から午前3時にかけて最も混雑が予想される

画像は2017年の1月1日年明け直後の写真だが、身動きが出来ない程度に混雑していた。川崎大師駅から川崎大師まで向かうのに30分かかった。

また年が明けて以降は朝8時から徐々に混雑し始める。元日であれば9時~15時の時間帯が混雑のピーク。2日以降も同じく9時~15時の間でピークを迎える。少なくとも三が日の間は昼の時間帯はピークが続くだろう。

例年300万人近い参拝客が訪れる川崎大師。当然ながら参拝までの待ち時間が発生することが多く、元日であれば平均で1時間~2時間は覚悟。2日3日はピークの時間帯であれば1時間程度の待ち時間が発生する。待ち時間を発生させないようにするには上記の混雑のピーク時間帯を避けることが大切になる。

混雑の時間帯は基本的にお昼を目途に徐々に混雑していくため、混雑を避ける場合は、元旦であれば午前3時から午前8時まではピークの時間帯よりかは人もまばらになるので比較的とスムーズに参拝することが可能。また三が日は通常よりも夜遅くまで参拝が可能のことから、夕方からの17時以降の時間帯からは比較的待ち時間なく参拝が可能だろう。元旦以降は出来る限りお昼を避け、早朝や夕方以降にいけば混雑をさけることができるだろう。

また三が日は混雑が予想される川崎大師だが、4日以降はそこまで待ち時間なく参拝することができる。人ごみが苦手な方は三が日を避けて参拝するのも良いだろう。

川崎大師へのアクセスは?

電車を利用

  • 京急川崎駅より大師線に乗り換え、川崎大師駅下車、徒歩8分

バスを利用

  • JR川崎駅東口バス乗り場7番・川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行き。
    大師バス停下車、徒歩8分。

車を利用

  • 首都高速・横羽線、大師出口から約5分
  • 首都高速・川崎線、大師出口から約1分
  • 首都高速・横羽線・川崎線、大師出口から約1分

スポンサーリンク

川崎大師の駐車場は?

川崎大師には参拝者専用の駐車場が存在し、収容台数も普通乗用車で700台と多い。しかしながら川崎大師周辺は大変混雑が予想され、また年明け三が日は交通規制が敷かれており大渋滞が発生する。

よって無料駐車場以外の有料パーキングも基本満車となるため、周辺の駐車場に停めることは不可能だろう。利用するとなれば川崎大師沿線の駅に車を停め、電車で川崎大師駅に向かうことをおすすめする。川崎駅や小島新田駅周辺の駐車場がおすすめだ。

名前 時間 料金 台数
川崎大師専用駐車場(川崎市川崎区大師河原1-1-1) 8:00~17:00 無料 700台

川崎大師の屋台出店状況は?

初詣期間中は仲見世通り、表参道、境内に多数の屋台が出店している。

出店期間だが大晦日の23時から元旦の22時頃まで。2日~3日は朝10時から22時頃まで営業している。

4日以降も基本屋台の出店がなくなることはない。川崎大師では20日と21日に縁日が開かれることから20日と21日も三が日と同じくらいの屋台が出店され賑わう。その他土日祝日にかけて屋台も多数出店されるため、長い間賑やかな雰囲気を楽しむことができるだろう。

まとめ

今回は「川崎大師」について混雑状況や待ち時間、屋台の出店状況について紹介してきた。

参拝客300万人を数え初詣問わず年中賑わっている「川崎大師」。特に三が日はたくさんの参拝客が足を運ぶため大変な混雑が予想される。初詣に行く方は混雑時間帯を避けて足元に気をつけて初詣に行ってきて欲しい。

01d4840006d419cba2b3cb04f45cd32d2faa77d5af

ちなみに川崎大師後に行ったパチスロで財布がほかほかになった。川崎大師に行くとヒキが強くなるそうなので、ぜひ足を運んでほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。