【神田明神の初詣2018】混雑状況まとめ!待ち時間はいつまで?

2017年も早くも年末を迎え年越しのシーズンを迎える。大晦日から新年を迎える時間や元旦ないし三が日に初詣スポットに向かって初詣をする人は多いだろう。今回は都内に多くある初詣スポットの中でも東京都千代田区にある「神田明神」について混雑状況や待ち時間はいつまでか、また駐車場状況について紹介していく。

神田明神は年間30万人以上が足を運び、縁結び・商売繁盛など様々な御利益があることでパワースポットしても人気がある場所。近年では漫画やアニメ作品などの舞台としても有名であり、アニメ「ラブライブ!」とはアニメ内で神田明神が描かれていることからコラボグッズも販売するなど同作品との繋がりは深く、ラブライブのファン「ラブライバー」が訪れる聖地としても有名になっている。

今回はそんな「神田明神」の初詣時の混雑状況などについて詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

神田明神の参拝時間や混雑状況まとめ

神田明神の参拝時間は?

神田明神の参拝時間だが、基本24時間参拝が可能だ。大晦日の23時過ぎに一旦閉門し、年明け0時から開門。以降24時間参拝が可能になる。日没から23時まで境内に明かりが灯されているが、それ以降は消灯される。

大國魂神社の混雑状況は?

12月31日の23時頃から閉門されるが閉門時から数多くの人が開門に向けて列をなしている。その後年が明けて1月1日の午前0時から午前5時前後にかけて最も混雑が予想される

また年が明けて以降は元日であれば11時~15時の時間帯が混雑のピーク。2日以降も同じく11時~15時の間でピークを迎える。少なくとも三が日の間は昼の時間帯はピークが続くだろう。

神田明神は初詣に訪れる人が30万人と他の初詣スポットと比べて少ないように感じるが、境内の面積が非常に狭いため人数は少なくとも非常に混雑することが多い。特に混雑のピークの時間帯は参拝できるまで待ち時間が発生する場合もあり、最大で2時間程度の待ち時間が発生する可能性がある。

混雑の時間帯は基本的にお昼を目途に徐々に混雑していくため、混雑を避ける場合は、元旦であれば午前5時以降から10時までは人もまばらになり、スムーズに参拝することが可能だ。午後の時間帯は特に混雑するため午前中や夕方以降にいけば比較的混雑をさけることができるだろう。

とはいっても境内がせまいことや、秋葉原の近くにありオフィス街も近いことから仕事帰りに参拝する方も多く三が日から1月上旬までは多少の待ち時間が発生するのは避けられないだろう。人ごみを回避して神田明神を参拝したい方は1月中旬以降に神田明神に参拝するのも選択肢に入れたほうが良いだろう。

神田明神へのアクセスは?

電車を利用

  • 中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
  • 京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
  • 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅(1番口)より徒歩5分
  • 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅(B1出入口)より徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線 末広町駅 より徒歩5分
  • 東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩7分

秋葉原駅が最寄り駅で基本的に電車でのアクセスが良好の為、公共交通機関で足を運ぶ人が多い。車でも行くことができるが都心にあり周辺の道路は混雑が予想されるためできるだけ公共交通機関の利用をおすすめする。

スポンサーリンク

神田明神の駐車場は?

神田明神には参拝者用の無料駐車場があるが収容台数が10台しかなく基本的に周辺の有料パーキングを利用することになる。

おすすめは収容台数が800台近い「秋葉原UDXパーキング」。もしくは収容台数112台の「秋葉原ダイビル駐車場」。他の収容台数が少ない駐車場よりも停めれる可能性が高いのでおすすめだ。

名前 時間 料金 台数
秋葉原UDXパーキング 24時間 1日最大料金 土日祝日3,000円 785台
秋葉原ダイビル駐車場 7:00~23:00 1日最大料金 2,000円 112台

まとめ

今回は「神田明神」について混雑状況や待ち時間、駐車場状況について紹介してきた。

神田明神は秋葉原駅から徒歩7分というところにあり、アクセスが良好で近年はアニメ作品の舞台になるなど注目度の高い初詣スポットといえる。また例年三が日の参拝者数が30万人を超える人気スポットだ。興味があったらぜひ初詣にいってみてほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ