【浅草寺の初詣2018】混雑・待ち時間まとめ!屋台はいつまで?

2017年も早くも年末を迎え年越しのシーズンを迎える。大晦日から新年を迎える時間や元旦ないし三が日に初詣スポットに向かって初詣をする人は多いだろう。今回は多くある初詣スポットの中でも東京都台東区にある「浅草寺」について混雑状況や待ち時間はいつまでか、また屋台の出店状況について紹介していく。

東京都内にある寺の中で最も古い歴史を持つお寺として有名の「浅草寺」。普段も観光名所として人気のこの場所だが、初詣にも三が日通じて280万人が訪れる人気の初詣スポットだ。

今回はそんな「浅草寺」の初詣時の混雑状況などについて詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

浅草寺の参拝時間や混雑状況まとめ

浅草寺の参拝時間は?

成田山新勝寺の参拝時間だが、12月31日は6時30分から19時まで。19時で一度閉門した後元日は年明け0時00分から20時まで終日参拝が可能だ。2日、3日は6時30分から20時00分まで4日以降は6時30分から17時00分までとなっている。

浅草寺の混雑状況は?

例年年明けの1月1日の午前0時から午前3時にかけて最も混雑が予想される

また年が明けて以降は朝9時から徐々に混雑し始める。元日であれば10時~15時の時間帯が混雑のピーク。2日以降も同じく10時~15時の間でピークを迎える。少なくとも三が日の間は昼の時間帯はピークが続くだろう。

例年280万人近い参拝客が訪れる浅草寺。当然ながら参拝までの待ち時間が発生することが多く、平均で1時間~2時間は覚悟。元日の年明け直後などピークの時間帯は最大で3時間程度の待ち時間が発生する可能性がある。待ち時間を発生させないようにするには上記の混雑のピーク時間帯を避けることが大切になる。

混雑の時間帯は基本的にお昼を目途に徐々に混雑していくため、混雑を避ける場合は、元旦であれば午前4時以降は人もまばらになり、早朝になるとスムーズに参拝することが可能。また三が日は通常よりも夜遅くまで参拝が可能のことから、夕方からの17時以降の時間帯からは比較的待ち時間なく参拝が可能だろう。元旦以降は出来る限りお昼を避け、早朝や夕方以降にいけば混雑をさけることができるだろう。

また浅草寺周辺は三が日は交通規制もしかれるため、車で参拝する際は渋滞が発生する。参拝する際は基本電車で行かれることをお勧めする。

浅草寺へのアクセスは?

電車を利用

  • 東武スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
  • 東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
  • つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
  • 都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分

最寄り駅が4つもあるのでアクセスは良好。大晦日から元旦にかけては終夜電車も運行しているし、周辺は交通規制も敷かれることから浅草寺に行かれる際は電車など公共交通機関でのアクセスをおすすめする。

スポンサーリンク

浅草寺の駐車場は?

あらかじめだが、浅草寺自体には駐車場は存在しない。また年明けから1月3日までは交通規制のため車両通行止めの箇所があり駐車場の利用が不可の箇所がある。予め注意しよう。

といっても初詣期間中は周辺の駐車場は基本満車で停めることは不可能だろう。利用するとなれば収容台数がそこそこ多くアクセスも比較的良い「雷門地下駐車場」。最大150台収容の「浅草ビューホテル駐車場」のどちらかをおすすめする。

名前 時間 料金 台数
雷門地下駐車場 7:00~23:00 最初の30分 200円
以降15分ごと 100円
197台
浅草ビューホテル駐車場 24時間 30分 500円 150台

浅草寺の屋台出店状況は?

初詣期間中は、浅草寺の境内に多数の屋台が出店している。雷門から観音寺前に続く「仲見世商店街」に元から出店しているお店も初詣期間中はいつも以上に賑わうことから、屋台と同じく賑やかな光景が見れるだろう。

屋台の出店期間だが、1日は年明け午前0時~19時前後まで2日3日は午前10時前後から19時前後まで営業している。4日以降は屋台の出店もまばらになり三が日ほどの出店はなくなることから、初詣ならではの賑やかな雰囲気を楽しみたいときは三が日に足を運ぶのが良いだろう。

まとめ

今回は「浅草寺」について混雑状況や待ち時間、屋台の出店状況について紹介してきた。

参拝客280万人を数え初詣問わず年中賑わっている「浅草寺」。特に三が日はたくさんの参拝客が足を運ぶため大変な混雑が予想される。初詣に行く方は混雑時間帯を避けて足元に気をつけて初詣に行ってきて欲しい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ