【明治神宮の初詣2018】混雑時間帯まとめ!待ち時間はいつまで?

早くも今年も年末。もうすぐ年越しを迎え初詣のシーズンを迎える。大晦日から新年を迎える時間や元旦ないし三が日に近所の初詣スポットに向かって初詣をする人は多いだろう。今回は東京都内に多くある初詣スポットの中でも東京都渋谷区にある「明治神宮」について混雑状況や待ち時間について紹介していく。

東京都心にありアクセス良好な面から例年三が日に多数の参拝客が訪れる「明治神宮」。例年300万人近くの参拝客が明治神宮に訪れるため日本一参拝客が訪れる場所としても知られている。多くの人が電車など公共交通機関を使って参拝すると思うが、東京都以外から自家用車を使って参拝に訪れるなど車を利用して参拝する人も中にはいるだろう。

今回はそんな「明治神宮」の初詣時の混雑状況などについて詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

明治神宮の参拝時間や混雑状況まとめ

明治神宮の参拝時間は?

日枝神社の参拝時間だが、12月31日から元日の19時00分にかけては終日参拝が可能だ。2日、3日は6時40分から18時30分まで。4日は6時40分から18時00分までとなっている。

それ以降は月によって開門と閉門の時間が異なってくる。1月であれば開門は6時40分。閉門は16時20分となる。詳しくは以下のリンク先を参照してほしい。

明治神宮ホームページ

明治神宮の混雑状況は?

新年が明けて三が日で約300万人以上が初詣に足を運ぶ明治神宮。都心にありアクセスも良いことから例年大混雑が予想される。

ピークだが例年12月31日の23時頃から年が明けて1月1日の午前3時にかけて最も混雑が予想される。アクセスも比較的良好なだけに二年参りをする人が多く、この時間帯が初詣の混雑のピークと言えるだろう。

また年が明けて以降は元日であれば11時~15時の時間帯が混雑のピーク。といっても元日は朝から終日混雑が予想される。2日以降も10時~18時の閉門まで混雑が予想される。少なくとも三が日の間は混雑が続くだろう。

明治神宮は日本一初詣の際に混雑が予想される場所というだけあって、三が日はほとんどの確率で待ち時間が発生する。ピークを避けたとしても1~2時間。混雑のピークである年明け前から年明け直後、また三が日のお昼の時間帯では最大で3時間~4時間の待ち時間が発生する。明治神宮に初詣に行く際は防寒具をしっかり着て参拝に行こう。

明治神宮の混雑を避けるには?

ピークの時間帯を避ける

明治神宮の初詣は三が日はどの時間帯でも混雑が予想されるが、特に混雑が予想されるのは年明け直後の時間帯とお昼にかけて時間帯、12時~15時までの時間帯だ。

待ち時間を短くするにはこれらの混雑ピークの時間帯を避けて参拝することが必要になる。

混雑が予想される明治神宮の初詣でも比較的空いている時間帯が、1日の午前4時~9時。2日3日は開門直後の6時40分から9時までの早朝の時間帯だ。三が日にどうしても初詣に行きたい方はこれらの時間帯を狙い目にするとよいだろう。

三が日を避ける

日本一参拝客が多く訪れ大変な混雑が予想される明治神宮。しかしながら三が日以降は混雑も大分収まり、待ち時間が1時間かかるといったことはなくなる。

「絶対に三が日に初詣に行きたい!」ということでなければ三が日以降に参拝した方がよいだろう。初詣の醍醐味といえる屋台の出店も成人の日である8日までは出店しているので安心してほしい。

2018年は1月4日は平日であり、仕事初めで出社する方も多いため三が日より空いていることが予想される。

参拝ルートを変える

めいじじんぐう

明治神宮を参拝する際は3つルートがある。「南参道」「北参道」「西参道」の3つだ。3つのルートがあるがどのルートから行っても最終的には本殿前で合流することになるので、参拝するのであれば問題はない。

明治神宮に初詣に行く際に一番混雑するのが「南参道」のルート。JR原宿駅から続くルートで通常であればこのルートが王道と呼ばれるルートになる。道幅も広めではあるがこのルートが一番混雑するルートになる。待ち時間も確実に発生するので混雑を避けるのであれば他のルートを選択すべきだろう。

残るは「北参道」と「南参道」だが、北参道から入ることになる東神門は初詣時は出口専用になっており、北参道から入った場合は南参道に合流することになってしまう。

そこでおすすめなのが「西参道」のルート。JRではない小田急線の参宮橋駅が最寄り駅の為、他のルートよりも参拝客が少ない。例年初詣報告が上がる中でも南参道ルートは大変な混雑が発生したが、西参道ルートはそこまでの混雑は発生しなかった。

待ち時間を発生せずに明治神宮に参拝したい場合は西参道ルートを利用すると良いだろう。

スポンサーリンク

明治神宮へのアクセスは?

電車を利用

  • 原宿口<南口>
    JR山手線「原宿」駅
    東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前<原宿>」駅
  • 代々木口<北口>
    JR山手線「代々木」駅
    都営地下鉄大江戸線「代々木」駅
    東京メトロ副都心線「北参道」駅
  • 参宮橋口<西口>
    小田急線「参宮橋」駅

車を利用

  • 首都高速4号新宿線代々木ICより約5分

前述したが明治神宮のルートは3つあり、それぞれ最寄駅が違う。どのルートからいっても最終的に同じ本殿へ向かうため参拝する上では問題ないが混雑状況が違うため、比較的混雑しやすいJRの駅などを利用して待ち合わせなどする際は注意しよう。

また車で行く際は駐車場情報に注意しよう。初詣期間中は三が日は境内への来るまでの進入が不可になっており境内の無料駐車場を利用することができない。そのため付近の有料パーキング等を使用することになる。付近の駐車場情報については以下の記事にて紹介しているので参考にしてほしい。

【明治神宮の初詣2018】駐車場への行き方や料金まとめ!

まとめ

今回は「明治神宮」について混雑状況や待ち時間について紹介してきた。

初詣の参拝客は約300万人を数え日本一混雑が予想されると言われている「明治神宮」。特に三が日はたくさんの参拝客が足を運ぶため大変な混雑が予想される。初詣に行く方は混雑時間帯を避けて足元に気をつけて初詣に行ってきて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。