【成田山新勝寺の初詣2018】混雑する時間や駐車場まとめ!屋台はいつまで?

2017年も早くも年末を迎え年越しのシーズンを迎える。大晦日から新年を迎える時間や元旦ないし三が日に初詣スポットに向かって初詣をする人は多いだろう。今回は多くある初詣スポットの中でも千葉県成田市にある「成田山新勝寺」について混雑状況や待ち時間はいつまでか、また屋台の出店状況について紹介していく。

成田山新勝寺は護摩祈祷や交通安全祈願で知られ、初詣には全国2位の約300万人が訪れる人気の初詣スポットだ。人気の理由には障害除去、災厄消除。家内安全、交通安全などの御利益。大本堂、釈迦堂などのパワースポットもあったり、成田駅から続く800mの参道にはお土産屋や屋台が数多く並び初詣に行く際に見るものがいくつもあるのが理由のひとつだろう。

今回はそんな「成田山新勝寺」の初詣時の混雑状況などについて詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

成田山新勝寺の参拝時間や混雑状況まとめ

成田山新勝寺の参拝時間は?

成田山新勝寺の参拝時間だが、12月31日から元日の21時00分にかけては終日参拝が可能だ。2日、3日は5時30分から20時00分までとなっている。

成田山新勝寺の混雑状況は?

例年12月31日の23時頃から年が明けて1月1日の午前3時にかけて最も混雑が予想される。二年参りをする人が多く、この時間帯が初詣の混雑のピークと言えるだろう。

また年が明けて以降は朝9時から徐々に混雑し始める。元日であれば11時~15時の時間帯が混雑のピーク。2日以降も同じく11時~15時の間でピークを迎える。少なくとも三が日の間は昼の時間帯はピークが続くだろう。

例年300万人近い参拝客が訪れる成田山新勝寺。当然ながら参拝までの待ち時間が発生することが多く、平均で1時間~2時間は覚悟。ピークの時間帯は最大で3時間程度の待ち時間が発生する可能性がある。待ち時間を発生させないようにするには上記の混雑のピーク時間帯を避けることが大切になる。

混雑の時間帯は基本的にお昼を目途に徐々に混雑していくため、混雑を避ける場合は、元旦であれば午前3時以降は人もまばらになり、早朝になるとスムーズに参拝することが可能。また三が日は通常よりも夜遅くまで参拝が可能のことから、夕方からの時間帯からは比較的待ち時間なく参拝が可能だろう。元旦以降は出来る限りお昼を避け、早朝や夕方以降にいけば混雑をさけることができるだろう。

また成田山新勝寺周辺は三が日は交通規制もしかれるため、車で参拝する際は渋滞が発生する。参拝する際は基本電車で行かれることをお勧めする。

成田山新勝寺の初詣の人出は?

「成田のお不動さま」として知られる真言宗智山派大本山である成田山新勝寺。毎年多くの参拝客で賑やかになり、例年の参拝者数は三が日で「300万人」を超える。

アクセス良好なところと「くらやみ祭」などで有名なことから非常に多くの参拝客が足を運ぶ。前述したがお昼の時間帯は特に混雑のピークなので、出かける際はピークの時間帯を避けた方が良いだろう。

成田山新勝寺へのアクセスは?

電車を利用

  • 東京駅から横須賀線/総武線直通の「快速エアポート成田」で約70分
  •  空港第2ビル駅からは約8分
  • 上野駅から常磐線我孫子駅経由で約80分

車を利用

  • 東関東自動車道成田ICから国道295号線へ出てすぐ

スポンサーリンク

成田山新勝寺の駐車場は?

年明けから1月31日までは交通規制のため車両通行止めの箇所があり駐車場の利用が不可の箇所がある。予め注意しよう。

といっても初詣期間中は周辺の駐車場は基本満車で停めることは不可能だろう。利用するとなれば成田山新勝寺まで徒歩15分の位置にあり530台駐車可能な「成田市営東和田駐車場」。最大1080台収容の「イオンタウン成田富里店」のどちらかをおすすめする。

名前 時間 料金 台数
成田市営東和田駐車場 24時間 1日400円 530台
イオンタウン成田富里店 24時間 2時間無料
WAON支払で3時間無料
1080台
タイムズイオンタウン成田富里 8:00~11:00 1日 700円 723台

成田山新勝寺の屋台出店状況は?

初詣期間中は、JR成田駅から成田山新勝寺までの800mの参道と成田山新勝寺の境内に多数の屋台が出店している。もともと参道には多数のお店が出店されていることから、屋台と同じく賑やかな光景が見れるだろう。

屋台の出店期間だが、三が日は成田山新勝寺の参拝時間と同じ時間帯に屋台が出店されている。その後も1月31日の初詣期間までは引き続き屋台が出店されている。

屋台のおすすめだが、成田山はもともと近くの利根川、印旗沼で天然うなぎが捕れることからうなぎで有名であり、参道にもたくさんのうなぎのお店が出店されている。屋台でも「鰻の肝焼き」は安価でうなぎが食べれるので初詣の際に一度食べてみてはいかがだろうか。

まとめ

今回は「成田山新勝寺」について混雑状況や待ち時間、屋台の出店状況について紹介してきた。

参拝客300万人を数え初詣問わず年中賑わっている「成田山新勝寺」。特に三が日はたくさんの参拝客が足を運ぶため大変な混雑が予想される。初詣に行く方は混雑時間帯を避けて足元に気をつけて初詣に行ってきて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。