【大國魂神社の初詣2018】混雑状況まとめ!待ち時間はいつまで?

2017年も早くも年末を迎え年越しのシーズンを迎える。大晦日から新年を迎える時間や元旦ないし三が日に初詣スポットに向かって初詣をする人は多いだろう。今回は都内に多くある初詣スポットの中でも東京都府中市にある「大國魂神社」について混雑状況や待ち時間はいつまでか、また屋台の出店状況について紹介していく。

大國魂神社は約1900年前に創建された歴史ある神社。ご利益は、開運招福全般・商売繁盛全般・交通安全全般・厄除け・縁結びなど。春の例大祭「くらやみ祭」が有名だが、初詣も人気で三が日に初詣で訪れる人は計50万人を超えるほど。都内の中でも参拝者数が多い有数のスポットだ。

今回はそんな「日枝神社」の初詣時の混雑状況などについて詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

大國魂神社の参拝時間や混雑状況まとめ

大國魂神社の参拝時間は?

日枝神社の参拝時間だが、12月31日から元日の21時00分にかけては終日参拝が可能だ。2日は6時30分から20時00分まで。3日は6時30分から19時00分まで。4日以降は6時30分から17時00分までとなっている。

大國魂神社の混雑状況は?

例年12月31日の23時頃から年が明けて1月1日の午前3時にかけて最も混雑が予想される。アクセスも比較的良好なだけに二年参りをする人が多く、この時間帯が初詣の混雑のピークと言えるだろう。

また年が明けて以降は元日であれば11時~15時の時間帯が混雑のピーク。2日以降も同じく11時~15時の間でピークを迎える。少なくとも三が日の間は昼の時間帯はピークが続くだろう。

混雑のピークの時間帯は参拝できるまで待ち時間が発生する場合もあり、1時間から最大で2時間程度の待ち時間が発生する可能性がある。待ち時間を発生させないようにするには上記の混雑のピーク時間帯を避けることが大切になる。

混雑の時間帯は基本的にお昼を目途に徐々に混雑していくため、混雑を避ける場合は、元旦であれば午前3時以降は人もまばらになり、早朝になるとスムーズに参拝することが可能。また三が日は通常よりも夜遅くまで参拝が可能のことから、夕方からの時間帯からは比較的待ち時間なく参拝が可能だろう。元旦以降は出来る限りお昼を避け、早朝や夕方以降にいけば混雑をさけることができるだろう。

大國魂神社の初詣の人出は?

府中駅から徒歩5分とアクセスのしやすい「大國魂神社」。毎年多くの参拝客で賑やかになり、例年の参拝者数は三が日で「50万人」を超える。

アクセス良好なところと「くらやみ祭」などで有名なことから非常に多くの参拝客が足を運ぶ。前述したがお昼の時間帯は特に混雑のピークなので、出かける際はピークの時間帯を避けた方が良いだろう。

大國魂神社へのアクセスは?

電車を利用

  • 京王線 府中駅南口から徒歩5分
  • JR南武線・武蔵野線 府中本町駅から徒歩5分

車を利用

  • 新宿方面より・・・稲城ICで降り、府中市外方面へ進み約10分
  • 八王子方面より・・府中スマートICで降り、約10分

基本的に電車でのアクセスが良好の為、公共交通機関で足を運ぶ人が多い。車でも行くことができるが大國魂神社にある駐車場は基本的に混雑しており、また府中駅周辺は一方通行が多いため基本は電車での参拝を強くおすすめする。

スポンサーリンク

大國魂神社の駐車場は?

前述したが大國魂神社には無料駐車場がある。府中街道「府中本町駅入口」信号脇の新西参道から入り、「ラウンドワン」斜め向かい、大きな鳥居が目印だ。

また、12月31日から1月3日までは期間限定で東京競馬場の第2・第3・第4駐車場を無料駐車場として開放している収容台数が多いので車で来られる方は東京競馬場の無料駐車場を利用するのがいいだろう。

大國魂神社の屋台出店状況は?

初詣期間中、大國魂神社では参道の両脇に多数の屋台が出店している。

屋台の出店期間だが、三が日がピークで以降は徐々に店舗数が少なくなる。6日や7日までは屋台が出店しているところもあるがまばらであり、それ以降は屋台が閉まっていることが多い。賑やかな雰囲気を楽しみに初詣に行く方はなるべく早く参拝にいくようにしよう。

屋台の種類だが非常に豊富で、「焼きそば」や「フランクフルト」「たこ焼き」などオーソドックスな屋台もあれば「ケバブ」や「はまぐり焼」などの海鮮焼きの屋台もあり、たくさんの屋台を見かけることができる。初詣のついでに屋台巡りをしながら楽しむのも良いだろう。

まとめ

今回は「大國魂神社」について混雑状況や待ち時間、屋台の出店状況について紹介してきた。

大國魂神社は府中駅から徒歩5分というところにあり、アクセスが良好の初詣スポットといえる。また例年三が日の参拝者数が50万人を超える人気スポットだ。興味があったらぜひ初詣にいってみてほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ