【柴又帝釈天の初詣2018】混雑する時間や駐車場まとめ!屋台出店情報は?

新年を迎えるにあたって有名な初詣スポットに出かけて初詣に行く人は多いだろう。今回はそんな初詣スポットの中でも東京都葛飾区にある「柴又帝釈天」について混雑状況や待ち時間、屋台の出店状況について紹介していく。

映画「男はつらいよ」で有名な葛飾柴又。どこかゆったりとした空気が流れる柴又は都内の混雑した初詣スポットよりも比較的混雑していなく、夜8時まで参拝可能と時間も幅があるため、ゆったりと初詣を楽しみたい人には打ってつけの場所だ。また古くから病気平癒、病魔退散の御利益があり、初詣以外にも観光名所として約800年の歴史がある由緒正しい神社だ。参拝者数は年間25万人を超えるほどで、初詣に関しても東京都内の中でも参拝者数が多い有数のスポットだ。

今回はそんな「柴又帝釈天」の初詣時の混雑状況などについて詳しく紹介していく。

スポンサーリンク

柴又帝釈天の参拝時間や混雑状況まとめ

柴又帝釈天の参拝時間は?

日枝神社の参拝時間だが、12月31日から元日の20時00分にかけては終日参拝が可能だ。2日と3日は9時00分から20時00分まで。4日以降は通常通り9時00分から16時00分までとなっている。

柴又帝釈天の混雑状況は?

例年12月31日の23時頃から年が明けて1月1日の午前2時にかけて最も混雑が予想される。また年が明けて以降は、三が日の昼間は参拝客でごった返すことが多く、10時~14時の時間帯で混雑のピークを迎える。

境内がそこまで広くなく、ピーク以外の時間帯も人が密集している可能性がある。混雑のピークの時間帯は参拝できるまで待ち時間が発生する場合もあり、最大で40分程度の待ち時間が発生する可能性がある。待ち時間を発生させないようにするには上記の混雑のピーク時間帯を避けることが大切になる。

混雑の時間帯は基本的にお昼を目途に徐々に混雑していくため、混雑を避ける場合は、元旦であれば午前2時以降は人もまばらになり、早朝になるとスムーズに参拝することが可能。また元旦以降は出来る限りお昼を避け、早朝や閉門直前の午後4時以降にいけば混雑をさけることができるだろう。柴又帝釈天は20時まで遅い時間まで参拝が可能なので、夜に時間をずらすのも良いだろう。

柴又帝釈天の初詣の人出は?

京成金町線「柴又駅」より徒歩3分の場所にある「柴又帝釈天」。毎年多くの参拝客で賑やかになり、例年の参拝者数は「25万人」を超える。

境内もそうだが、柴又帝釈天へ向かう参道が細く屋台も並んでいるためピークの時間帯は人ごみで混雑する可能性がある。出来る限り昼間のピークの時間帯は避けた方が良いだろう。

柴又帝釈天へのアクセスは?

電車を利用

  • 京成線「柴又駅」下車。徒歩3分。
  • 北総公団線「新柴又駅」下車徒歩12分。

車を利用

  • 首都高速中央環状線四つ木出口から都道468号を柴又駅方面へ車でおよそ6km。

スポンサーリンク

柴又帝釈天の駐車場は?

http://www.taishakuten.or.jp/kotu-access1.html

柴又帝釈天には駐車場もあるが、「帝釈天および幼稚園の行事がある場合はそちらの使用を優先いたします。」と書かれており駐車場が使えない期間がある。そして初詣期間である12月31日から1月3日までは通行止めとなっているので、車で来られたからは柴又帝釈天の駐車場を使うことはできない。190台駐車できる江戸川河川敷にある「柴又公園駐車広場」も1月1日~3日までは駐車不可なので、三が日は公共交通機関を用いて参拝することを強くおすすめする。

以下三が日で使用できる有料コインパーキングを掲載するが、収容台数が少ないので注意してほしい。

名前 時間 料金 台数
ナビパーク 柴又第2 24時間 30分 300円 5台
タイムズ柴又 24時間 30分 300円 9台
SANパーク葛飾柴又3 24時間 12時間最大 1000円 8台
  ナビパーク 亀有信用金庫柴又支店第1駐車場 24時間 30分 100円 5台
  【予約制】柴又4丁目第1駐車場 9:00~21:00 500円 1台

柴又帝釈天の屋台情報は?

柴又帝釈天周辺にはたくさんの屋台が出店されている。

「焼きそば」や「クレープ」などお祭りで見かけるベーシックな屋台もあるが、柴又帝釈天に向かう参道にお店を構えているところでは店頭販売を行っているところもあり、柴又帝釈天に初詣に行く際のひとつの楽しみとなっている。

しかしながら、屋台は初詣の場合は1月3日でなくなってしまう。地元のお店の店頭販売は継続して行われているが、初詣ならではの雰囲気を味わいたい場合はぜひ行ってみると良いだろう。

柴又帝釈天の参道の定番といえば「草団子」。参道の中でも数多くの店が草団子を提供しており、柴又帝釈天に行くのであればひとつは食しておきたいものだ。他にも焼きバター羊羹など他の屋台にはないものがたくさんあるので、初詣ついでに屋台グルメに舌鼓を打つのも良いだろう。

まとめ

今回は「柴又帝釈天」について混雑状況や待ち時間、駐車場や屋台の出店状況について紹介した。

都心の人気どころの初詣スポットは身動きが取れないほど大変な混雑が予想されるが、柴又帝釈天に至っては都心の中ではゆっくりと初詣を楽しむことができそうだ。興味があったらぜひ初詣にいってみてほしい。

 

スポンサーリンク

One Response to “【柴又帝釈天の初詣2018】混雑する時間や駐車場まとめ!屋台出店情報は?”

  1. 流星号 より:

    2日に行きましたがいつも通行止めにして屋台が沢山出ている道路には出店は一つもありませんでした。
    それ目当てに行ったのに超ガッカリでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ